MENU

闇金から押し貸しされたら

闇金から、押し貸しをされる被害が増えています。

 

押し貸しとは、ある日突然、見知らぬ人からお金が銀行口座に振り込まれ、数日後、高い利子をつけて返済するよう、脅迫まがいにお金を取り立てる闇金の悪質な手口です。

 

例えば銀行口座に18,000円の振り込みがあり、数日後に、見知らぬ男性から電話かかってきて、お宅の銀行口座に18,000円入金した。

 

貸した金だから、利子をつけて30,000円、すぐに返せと脅してくるのです。

 

身に覚えはなくても、連日催促の電話が自宅や職場にかかってきます。

 

電話で怒鳴られたり、脅されたりししますから、相手を恐れて言われるがままにお金を振り込んでしまう人が多いのです。

 

しかし、一度相手の言いなりになると味をしめて、何度も同じような被害にあうことがあります。

 

押し貸しは犯罪です。

 

政府でも注意を呼びかけており、このような悪質業者の会社名などを、金融庁や財務局のホームページで公開しています。

 

もし、押し貸しの被害にあったら、すぐに警察か弁護士などに相談しましょう。

 

このような事態に巻き込まれないためには、なるべく自分の口座情報を知らない人に教えないことです。

 

過去に闇金で融資を受けたことのある人は、そのときの口座情報が闇金業者に残っていますから、注意が必要です。

 

一日でも早く、その口座を解約しましょう。

 

たとえ闇金からお金を借りたことがなくても、押し貸しの被害にあう可能性はあります。

 

街頭アンケートを装って、言葉たくみに口座番号を聞き出したり、インターネットで口座を公開している人が狙われたりするケースが報告されています。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所