MENU

闇金に個人情報を教えたらどうなる?

闇金からお金を借りないことはもちろんですが、住所や勤務先などの個人情報も決して教えないでください。

 

連絡先や口座番号を知られると、大変なことになります。

 

借りてもいないのに、口座に無理やりお金を振り込んで、数日後に途方もない利息をつけて返せと脅してきたり、何度も電話をかけてきてお金を借りさせようとしたり、あの手この手でお金を巻き上げようとするのです。

 

一度伝えてしまった個人情報は、その業者だけでなく、横のつながりで何社にもその情報が伝わり、知らない業者からも狙われてしまいます。

 

この手口を回しと呼びますが、仲間同士で連絡を取り合い、返済前を狙って融資を持ちかけてきます。

 

借金返済のために借金を繰り返す自転車操業では、雪だるま式に借金が膨れ上がります。

 

返せなくなるのは目に見えていますから、闇金と手を切るために、弁護士や警察などに相談しましょう。

 

業者間で情報を回した後は、名簿屋に個人情報を売ってしまいます。

 

名簿屋は、闇金の利用者リストとして、また別の業者に販売するため、ますます情報が流出していくのです。

 

闇金だと知っていて、大切な個人情報を教える人は少ないでしょうが、闇金であることを隠して、巧妙に情報を取ろうとする業者が増えてきました。

 

例えば、ホームページのアンケートフォームや、融資案内フォームなどに個人情報を入力させる、懸賞に応募させる、銀行などの金融機関を装って情報をだまし取るなど、さまざまな手口が使われています。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所