MENU

闇金に緊急連絡先を聞かれたら

闇金からお金を借りるときに、緊急連絡先として家族や親戚の住所、電話番号などを聞いてくることがあります。

 

しかし、絶対に教えてはいけません。

 

緊急連絡先を聞かれた人は、教えなければお金を貸してもらえないので、親や兄弟の名前、住所、勤務先を教えてしまうケースがほとんどです。

 

しかし一度、家族や親戚の連絡先を教えると、大変なことになります。あなたが返済を滞らせた途端、家族や親戚への厳しい取り立てが始まるからです。

 

担保を取らず甘い審査でお金を貸す闇金は、担保の代わりにあなたの大切な家族の個人情報を手に入れます。

 

無事に借金が完済できても、その後も、これらの情報が悪用される恐れがあります。

 

例えば、家族の口座に無理やりお金を振り込んで高利で取り立てる、いわゆる押し貸しの被害や、しつこく勧誘してきて無視をすると脅したり、嫌がらせをしたりするなどの被害が報告されています。

 

このような被害に遭わないためにも、闇金に教えた電話番号や、銀行預金は一日も早く解約しましょう。

 

家族にもそのように伝えてください。

 

最近は勧誘の手口も、巧妙になっています。

 

闇金であることを隠して、丁寧な口調で情報を聞き出そうとしたり、きれいなデザインのホームページに融資申し込みフォームを作って、名前や住所、電話番号、勤務先などの個人情報を入力させたりなど、詐欺まがいの勧誘が増えています。

 

ふつうの金融業者を装っていても、緊急連絡先を聞かれたら闇金だと思って間違いありません。

 

注意しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所