MENU

闇金に騙された人の手口とは?

法律の一部改正などがあり、違法な貸金業者への取り締まりが以前より厳しくなりました。

 

このため、闇金は巧妙な詐欺の手口を使って、違法業者であることを隠し、お金を貸しつけてきます。

 

電話やダイレクトメールでの勧誘が一般的ですが、増えているのがインターネットのホームページから融資の申し込みをさせる手口です。

 

普通の金融業者のようにきれいなデザインのホームページを作り、パートや主婦でも融資できます。など、借りやすい雰囲気を装って客を集めます。

 

審査が甘くて借りやすい金融機関は、闇金である可能性が高いので、十分に注意が必要です。

 

一度、闇金に個人情報を知られたら、その場ではお金を借りなくても、しつこく勧誘されるなど、カモにされかねません。安易に入力フォームに名前や連絡先などを、入力しないように注しましょう。

 

金利を提示していない金融業者も危険です。

 

お金を借りたあとで、高い金利に驚いて闇金だったとわかっても後の祭りですから、事前に金利を確かめる癖を付けましょう。

 

このほかにも、債務整理をすると持ちかけて、手付金を受け取って姿をくらまし、債務整理などしないといった手口や、勝手に銀行口座にお金を振り込んで、高い利子を付けて返済を迫るなど、さまざまな方法でお金をだまし取ろうとします。

 

闇金に騙された!と気づいたら、なるべく早く弁護士や司法書士、警察などに相談しましょう。

 

そのままほうっておくと、激しい取り立てにあうなど、トラブルに発展します。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所