MENU

闇金との和解交渉でトラブル解決

闇金との和解交渉は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に任せるとスピーディーに解決できます。

 

このときに、よく行われるのがゼロ和解です。

 

ゼロ和解とは、貸した人と借りた人の間で、お互いに貸し借りをチャラにすることをいいます。

 

つまり、これ以上の借金を返済しなくてもいい代わりに、これまで支払ってきた法外な利息を返してもらえないということです。

 

これでは、借りたほうが損をしてしまいますが、一刻も早く闇金と手を切りたくて、トラブルさえ解決できるなら、損をしてもゼロ和解でいいと考える人が多いのです。

 

法律では、金銭の貸付契約を無効にする場合は、お互いが受け取ったお金を返還して、契約前の状態に回復させるのが原則です。

 

ですから本来なら、貸金業者には元金を返し、こちら側は利息分として払ったお金を返してもらわなければいけません。

 

しかも、法律違反の貸付金は、原状回復をせずに、受け取った元金の返済を拒んでもいいと、法律では認められているのです。

 

ゼロ和解で交渉を進めるか、取れるお金はきっちりと取るかの判断は、弁護士さんの見解や闇金業者の性質によってかわってきます。

 

いずれにせよ、納得の行く平和的な解決を目指して、弁護士さんともよく話し合いましょう。

 

交渉が成立したら、一刻も早く闇金との取り引きに使った銀行口座の解約と、電話番号の変更をおすすめします。

 

せっかく取り立てから解放されたのに、また別の手口で、闇金から狙われる可能性があるからです。

闇金との和解をするのなら喧嘩をする気持ちで

闇金業者と借金問題に関して交渉をする時に、「できるだけ相手の機嫌を損ねないようにしよう」と考える人は多いようです。

 

確かに相手が相手なので、ヘタに相手の神経を逆なでするとなにされるかわからないという気持ちもあるでしょう。

 

その結果、消極的なやり方で和解に持ち込もうと考える人も出てきます。

 

消極的な和解の方法として、元金和解があります。

 

元金和解とは、利息の支払いについては目をつぶってもらって、元金だけを返還する手法です。

 

これぞ平和的な解決策と思う人もいるかもしれません。しかし専門家に相談をすれば、このような元金和解は間違った手法であるときっとアドバイスされるでしょう。

 

そもそもヤミ金はとんでもない高利で貸し付けていることが多く、このような和解交渉をしている段階で元金をはるか超える利息を支払っていることもあり得ます。

 

その上さらに元金を支払おうというのは、債務者側にとって自ら不利になる話を持ちかけているようなものです。

 

ヤミ金との和解交渉でこちらが有利なように話し合いを進めるためには、相手に嫌われないようにするのではなく、嫌われ者になる覚悟は必要だと思いましょう。

 

下手に相手に合わせようとしてしまうと、どんどん相手の有利な条件で交渉が決まってしまうことになりかねません。

 

では具体的にどうすればいいかですが、毅然とした態度をとり続けることが何よりも大事です。

 

さらに言えば、これから相手には一切お金を支払わないということを明確にして、交渉することです。

 

ヤミ金でも借りたお金は返済しないといけないと思う人も多いようです。

 

しかし闇金業者のような非合法なところからの借金は、そもそも契約自体が無効になると法律でも解釈されています。

 

契約が無効であれば、たとえお金を借りたとしても返済する義務は債務者には一切ないわけです。

 

ただし自分一人でこのような喧嘩になりかねない交渉をするのは、自信がないという人もいるでしょう。

 

その場合に弁護士や司法書士のような専門家の力が必要になるのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所