MENU

闇金の取り立てトラブルは警察に通報

違法な闇金からお金を借りて返済できなくなり、脅迫まがいの取り立てをされたり、暴力を振るわれたりしたら、迷わず警察に通報しましょう。

 

闇金に関しては政府も規制を強化しているため、警察の取り締まりも厳しくなっています。

 

無届けの金貸し業や、法律で定められた金利よりも高い利息でお金を貸す業者は、どちらも法律違反です。

 

通報されたら、警察は法律違反の業者を取り締まる義務があります。

 

このため、法律違反の貸金業者は、警察に介入されるのを極端に嫌います。

 

闇金トラブルで困ったら、まずは警察の生活安全課に相談しましょう。

 

適切に対処してもらうために、相談に行く場合は法律に違反している証拠を持参しましょう。

 

闇金が何%の金利でお金を貸したかがわかるように、今までのお金のやりとりを記録したものが必要です。

 

何月何日に○○円を借りた。何月何日に○○円を返したなど、手書きの記録でも構いません。

 

振り込みをした場合は、それがわかる振込通知書や銀行通帳が有力な証拠となります。

 

脅迫まがいの取り立て電話も録音をして、警察に聞いてもらいましょう。

 

しかし警察も多忙ですから、対応が遅れてスピーディーな解決につながりにくいのが現状です。

 

このようなときは、弁護士や司法書士といった専門家に依頼すると、早期解決が期待できます。

 

取り立てトラブルの解決を得意とする弁護士や司法書士は、このような事例に慣れていますから、すぐに法的な処置を取ってくれます。

 

早ければ数日で取り立てが止み、闇金へ借金を返済する必要もなくなります。

闇金に悩まされたら迷わず警察に通報を

闇金にお金を借りてしまい、返済が滞ってしまった場合には利息がどんどん膨れ上がっていくだけでなく強引に取り立てによる恐喝まがいの行為や嫌がらせを受けるようになります。

 

携帯電話にひっきりなしに連絡が来るのはもちろん、自宅にまで押しかけてきたり、勤務先に連絡してくるケースなども見られます。

 

場合によっては深夜押しかけてきて安眠を妨げたり、近所トラブルの原因を作ったりすることもありますし、かってに出前などを取って送りつけるといったやり方で嫌がらせをしてくるケースなども報告されています。

 

こうした迷惑行為は返済が滞っている限りどんどんエスカレートしていきます。

 

借りた本人だけでなく家族、とくに子供にまで嫌がらせをしたり、親族の連絡先の情報が流出してしまっていた場合にはそちらにまで催促や脅しまがいの連絡がいくようになります。

 

連日のようにこうした嫌がらせを受け続けて不眠症になってしまったり、ノイローゼ状態に陥ってしまったりといった深刻なケースも少なくありません。

 

こうした闇金の行為に悩まされている場合には迷わず警察に通報しましょう。

 

闇金の存在そのものが違法行為なのですが、そこにお金を借りている弱みからなかなか強気に出られないものですが、強引な取立てや迷惑行為は明らかに法に反した行為であり、市民の安全な生活を妨げる悪質な振る舞いです。

 

弱みがあろうとなかろうと警察に通報して取り締まってもらう権利は十分にあります。

 

その前に少し冷静になって通報する前に準備をしましょう。

 

具体的にどういった迷惑行為、嫌がらせを受けているのかを説明できるよう、記録に取っておく、また可能なら証拠を揃えておきましょう。

 

携帯電話の着信履歴のほか、恫喝や脅しをかけてきた場合には録音や撮影をするといったやり方もあります。

 

まず警察に通報して闇金の違法行為をやめさせたうえで弁護士・司法書士に相談して借金の返済・整理に関する交渉を行う。

 

これが理想的な闇金対策の手順となります。こんなときこそ警察に頼ってみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所