MENU

闇金の脅迫をやめさせる方法とは?

闇金が借金の取り立てで脅迫行為をしたら、すぐに警察の生活安全課に相談しましょう。

 

闇金が実際に家に押しかけてきて、暴力をふるうといったケースは少ないのですが、万が一そのような事態になったら、迷わず110番通報してください。

 

被害届を出しておくと、警察の対応が早くなります。

 

警察官は闇金からの借金でも、「民事不介入」を建て前に、なかなか動いてくれない場合もあります。

 

しかし現実にケガなどの被害を受けたり、無登録、法外な利子でお金を貸し付けたりすることは法律違反ですから、厳しく取り締まってもらうよう要請する権利があるのです。

 

家まで押しかけてこなくても、連日連夜、電話がかかってきて、耳もとで怒鳴られたり、脅されたりするだけでも精神的に大きな負担になります。

 

夜中の電話、自宅以外の職場などに取り立ての電話をすることは、法律違反ですから、これも取り締まり対象です。

 

一人で悩まずに、なるべく早く警察に相談してください。

 

警察に被害届を出す場合は、証拠になるものを持って行くことが大切です。

 

闇金から借りたお金が法外な金利であることを示す振込通知書や預金通帳、これまでやりとりしたお金の金額や日付をメモしたもの、脅迫電話の内容を録音したものなどを持参しましょう。

 

被害相談を受けた警察は、違法な貸し付けや取り立てをやめるよう闇金に警告するなど、積極的な対応を行う義務があります。

 

しかし多忙なので、こちらが思うように素早く対処してもらえなかったという報告もあります。

 

すぐにでも問題を解決したい場合は、弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

費用はかかりますが、法律のプロがスピーディに解決してくれます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所