MENU

闇金トラブルで警察に被害届を出す場合

法律で決められた利率より高利でお金を貸す、貸金業の登録をしていない無届けの貸金業者は違法です。

 

闇金でお金を借りてトラブルになったら、迷わず警察に被害届を出しましょう。

 

このとき、被害にあった証拠を持っていかないと、借金は「民事不介入」などと言われて、なかなか対応してくれないことも考えられます。

 

闇金に関するあらゆる情報が、証拠になります。

 

取り立ての脅迫電話がかかってきたら、録音機能で録音しておく。

 

お金を借りた日時と金額、返した日時と返済額など、具体的なお金のやりとりを記録したメモを作っておく。

 

銀行振り込みをしたことが分かる振り込み通知書や明細書、通帳も大切です。

 

闇金からもらったチラシやダイレクトメールも、持って行きましょう。

 

特に、利息がわかる情報は重要です。

 

法律で決められた利息より高い金利で貸していることがわかれば、法律違反の重大な証拠となるからです。

 

被害届は、最寄りの警察の生活安全課で行います。

 

係の警察官に事情を説明し、取り締まりを求めましょう。

 

取り立てで脅迫された場合は、生活安全課に告発状を出して、出資法違反の告発や告訴を行います。

 

闇金は、お金を借りて返さない方が悪い!、泥棒!などと脅迫してきますが、怒鳴られたり脅されたりしても、冷静に対処しましょう。

 

闇金から借りたお金は、返さなくてもいいのです。

 

警察は告発状を受け取ったら、速やかに捜査や逮捕などの具体的な措置を取ります。

 

一人で被害届や告発状の提出をする勇気がないという方は、弁護士などに相談して解決してもらいしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所