MENU

闇金の借金が返済できないときは?

闇金からお金を借りてしまい、高い利息が苦しくて返済できない。こんなときは、落ち着いて対処しましょう。

 

違法な金利で借りたお金は、返済する必要がないからです。警察、消費者センターなどの相談窓口、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談しましょう。

 

相談に行く前に、その業者が違法な闇金であるという証拠を集めておくと、対応が早くなります。

 

貸金業は都道府県などに登録しなければ、営業することはできません。無登録の闇金は、それだけで違法です。

 

法律で定められた利率以上の金利をつけてお金を貸すのも違法です。

 

年利が20%をこえるお金を貸した業者には、罰則が科せられます。

 

ですから、お金のやりとりが分かる書類は、すべて保管しておきましょう。

 

闇金の口座に返済金を振り込んだときの振り込み通知書や預金通帳などは、大切な証拠になります。

 

お金を借りるときに、元金から手数料や保証金が差し引かれている場合は、それも金利とみなされます。

 

高い金利をごまかすために、利息以外の名目でお金を取っているのです。

 

違法と分かれば、借りたお金を返済せずにすむように、法的な手続きを取りましょう。

 

何の手続きもしなければ、激しい取り立てが続きます。

 

煩わしい手続きや、闇金との交渉を素人が行うのは難しいですし、危険です。

 

弁護士や司法書士に依頼しましょう。

 

誰に相談をしたらいいのかわからない人は、法テラスに問い合わせると、適切な相談窓口を紹介してくれます。

 

条件を満たしていれば、弁護士などに依頼するお金を一時的に立て替えてくれる制度が利用できますから、費用が心配な人は事情を話してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所