MENU

闇金によるトラブルの撃退方法

闇金にお金を借りて返済が滞り、トラブルへと発展した場合、撃退方法を知っておかないと、苦しみが長引きます。

 

闇金は朝から晩まで電話で取り立てをしますし、自宅だけでなく、職場や子どもの学校にまで電話をかけてくることもあります。

 

相手は違法な犯罪者なのに、「お金を借りて返さない人でなし!金を返さない犯罪者!人間のクズ!」などと、精神的に追い込んできます。

 

犯罪者に犯罪者呼ばわりされても反論できず、別の闇金に手を出してまで返済しようとする人も多いのです。

 

このようになったら借金は膨れ上がるばかりですから、一刻も早く取り立てを止めさせましょう。

 

闇金の撃退方法は、法律に訴えることです。

 

法律が介入すると、取り立てはすぐにストップします。

 

費用をかけずに取り立てをやめさせるなら、警察の生活安全課に相談するのが一番です。

 

被害届や告訴状を提出するために、違法であることを示す証拠を持って、相談に行きましょう。

 

法外な金利であることを証明するお金の記録は、非常に重要な証拠です。

 

振込通知書や預金通帳など、お金のやりとりがわかるものを必ず持って行きましょう。

 

電話で脅されている声を録音したものも証拠になります。相手も法を犯していることは十分に承知していますから、警察の介入を極端に恐れています。

 

しかし苦しい取り立てを少しでも早く止めさせたい場合は、費用はかかりますが、闇金トラブルを得意とする弁護士や、司法書士に依頼するのがベストです。

 

最も解決が早いケースでは、依頼したその日のうちに取りたてがやみます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所