MENU

闇金で困ったときの撃退法

闇金のしつこい取り立てや嫌がらせの撃退法で、まず必要なのは、相手を知ることです。

 

きちんと登録されている業者かどうかを確認しましよう。

 

金融庁のホームページで会社名、住所、電話番号などから検索できます。

 

次に、法律で決められた金利より、高い利息でお金を借りていることを証明する証拠を用意します。

 

登録業者でないことと、法外な金利で貸し付けている証拠があれば、犯罪者であることを証明できます。

 

違法な借金ですから、お金を返す必要もありません。

 

2つの証拠をそろえたら警察の生活安全課、消費者センター、弁護士会、貸金業協会の相談窓口などに連絡しましょう。

 

闇金は電話で脅しますが、実際に家に押しかけてきて暴力をふるうようなことは、ほとんどありません。

 

しかし、万が一そのようなことがあったら、迷わず警察に通報してください。

 

警察や消費者センター等の公的機関は無料で相談できますが、スピーディーな対応はあまり期待できません。

 

激しい取り立てを一刻でも早くやめさせたい場合は、弁護士や司法書士といった法律のプロに依頼することをおすすめします。

 

費用はかかりますが、その分、確実にトラブルを解決してくれます。

 

このときに、闇金トラブルが得意な弁護士や司法書士に依頼することが、最も大切です。

 

闇金トラブルの経験が豊富な法律事務所は、こういう問題に慣れていますから、速やかに対処してくれます。

 

逆に、闇金を怖がる法律事務所に頼むと解決が遅くなったり、トラブルが長引いたりすることがあります。

闇金撃退法

闇金につきまとわれるようになると安眠さえも妨げられて連日厳しい取立てに悩まされるといいます。

 

やり口はどの闇金でも似たようなもので、執拗に携帯電話に催促の連絡をかけてきたり、自宅にまで押しかけて大声での恫喝、近所に悪評を立てるような行為、さらに勝手に出前などを取る嫌がらせなどを行ってきます。

 

借りた本人だけでなく家族にまで嫌がらせの手を伸ばすことも多く、お子さんがいる家庭では怯えさせてしまいます。

 

こうした闇金はお金を借り続けている限りいつまでも付きまとい続けます。そして返済が遅れれば遅れるほど取り立ての方法がエスカレートしていくのが基本です。

 

そんな闇金撃退法はひと筋縄ではなかなかいかず、こちらもかなり強い気持ちでもって対抗していくことが大事です。

 

闇金の取立て・嫌がらせに対してはどうしてもこちらがお金を借りているうえに約束どおり返済できていないという弱みがつきまといます。

 

そのため悩まされていてもそのまま我慢を強いられてしまうことが多いのですが、強引な取立て行為は明らかに違法行為です。

 

そしてそもそも高利でお金を貸し付けることそのものが法律に反しているわけですから、この点をついて強気に出ることが大事です。

 

具体的な闇金撃退法としては警察に連絡するのがまず第一です。

 

いきなり110番するのではなく、生活安全課に相談を持ちかけましょう。

 

その際にはこれまでの闇金の取立て・嫌がらせの証拠を用意しておくと警察も対策がとりやすくなります。

 

それから消費者センター、闇金トラブルの相談窓口などに対策方法について相談を持ちかけましょう。

 

闇金の取立てでつらいのはどうしても誰にも相談できずに孤立してしまうことです。

 

友人や親族よりもこうした支援機関の方が相談しやすいので積極的に利用しましょう。

 

ただ最終的に借金の問題が解決しなくては闇金と手を切ることはできませんから、弁護士・司法書士といった債務整理のプロに依頼してどのような方法で解決を図るのか話し合い、交渉を委ねるのがもっとも効果的な闇金撃退法となります。

 

まずは安心して暮らせる環境を取り戻すことから闇金撃退法を試してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所