闇金対処

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

闇金の対処法記事一覧

債務整理とは、借金で苦しんでいる人を救済するための方法のことです。借金の額を減らしたり、借金を0円にしたりするためには、4つの方法があります。その方法とは、債権者と交渉をして借金を減らす任意整理、裁判所に申請して借金額を減らし、そのお金を一定期間内に分割返済する民事再生、借金返済を帳消しにする自己破産、高い金利で返済したお金が返ってくる過払い金返還請求です。闇金からの借金を債務整理する場合は、過払...

闇金トラブルを解決するためには、一人で悩まないことが大切です。まずは第三者に相談しましょう。違法な利子でお金を貸す闇金からの借金は、本当は返済する必要はありません。しかし、激しい取り立てや連日の嫌がらせで精神的に追い込まれてしまうと、トラブルを恐れて何とかして返済をしようと頑張る人が多いのが現状です。脅迫まがいの取り立てをする相手に向かって、法律違反の借金だから返さないと突っぱねることができる人は...

法律で決められた利率より高利でお金を貸す、貸金業の登録をしていない無届けの貸金業者は違法です。闇金でお金を借りてトラブルになったら、迷わず警察に被害届を出しましょう。このとき、被害にあった証拠を持っていかないと、借金は「民事不介入」などと言われて、なかなか対応してくれないことも考えられます。闇金に関するあらゆる情報が、証拠になります。取り立ての脅迫電話がかかってきたら、録音機能で録音しておく。お金...

闇金にお金を借りて返済が滞り、トラブルへと発展した場合、撃退方法を知っておかないと、苦しみが長引きます。闇金は朝から晩まで電話で取り立てをしますし、自宅だけでなく、職場や子どもの学校にまで電話をかけてくることもあります。相手は違法な犯罪者なのに、「お金を借りて返さない人でなし!金を返さない犯罪者!人間のクズ!」などと、精神的に追い込んできます。犯罪者に犯罪者呼ばわりされても反論できず、別の闇金に手...

闇金のしつこい取り立てや嫌がらせの撃退法で、まず必要なのは、相手を知ることです。きちんと登録されている業者かどうかを確認しましよう。金融庁のホームページで会社名、住所、電話番号などから検索できます。次に、法律で決められた金利より、高い利息でお金を借りていることを証明する証拠を用意します。登録業者でないことと、法外な金利で貸し付けている証拠があれば、犯罪者であることを証明できます。違法な借金ですから...

闇金への返済が少しでも滞ると、脅すような取り立てをするだけでなく、執ような嫌がらせも始まります。また、無事に全額を返済して安心している人に、またお金を借りさせようとして、嫌がらせを繰り返すのも闇金の常とう手段です。このような迷惑行為を終わりさせなければ、平穏な生活を続けることは難しいでしょう。そのためには、一人で悩まないことが大切です。闇金業者は、朝から番まで電話で返済を迫るだけでなく、職場や親、...

闇金への返済が滞り、連日嫌がらせを受けている人は、すぐに対策をとりましょう。深刻な場合は、警察の生活安全課に相談してください。そのときには、違法な闇金から借金であることがわかる振り込み通知書や通帳、貸し借りのやりとりを記録したメモ、電話での脅し文句を録音したものなど、証拠になるものを持って行きましょう。警察でもきちんと事情を聞いてくれるはずですが、素早い対応はあまり期待できません。少しでも早く嫌が...

闇金が借金の取り立てで脅迫行為をしたら、すぐに警察の生活安全課に相談しましょう。闇金が実際に家に押しかけてきて、暴力をふるうといったケースは少ないのですが、万が一そのような事態になったら、迷わず110番通報してください。被害届を出しておくと、警察の対応が早くなります。警察官は闇金からの借金でも、「民事不介入」を建て前に、なかなか動いてくれない場合もあります。しかし現実にケガなどの被害を受けたり、無...

闇金から借りたお金が返済できなくなり、電話で激しく返済を迫られても、弱気にならず冷静に対応しましょう。一度弱みを見せてしまったら、脅したら怖がって金を返すと思わせることになり、ますます高圧的な態度を取るようになります。「人間のクズ!死ね!返済しなければ刑務所行き!」などと言って精神的に追い込んできますから、冷静な判断ができなくなり、すぐにでも借金を返さなければと思い込む人が多いのです。こういう人は...

無届けでお金を貸す、法律で定められた金利より高い利子をつけてお金を貸す闇金は、違法な存在です。このような業者は取り立てをするときも、違法な行為をして債務者を追い込みます。違法な闇金への対処方法は、一人で解決しようとせずに、警察や消費者生活センター、弁護士、司法書士などに相談することです。法律では、年109.5%以上の金利で貸したお金は無効となります。また、出資法で年20%(平成22年6月17日以前...

違法な闇金からお金を借りて返済できなくなり、脅迫まがいの取り立てをされたり、暴力を振るわれたりしたら、迷わず警察に通報しましょう。闇金に関しては政府も規制を強化しているため、警察の取り締まりも厳しくなっています。無届けの金貸し業や、法律で定められた金利よりも高い利息でお金を貸す業者は、どちらも法律違反です。通報されたら、警察は法律違反の業者を取り締まる義務があります。このため、法律違反の貸金業者は...

闇金との和解交渉は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に任せるとスピーディーに解決できます。このときに、よく行われるのがゼロ和解です。ゼロ和解とは、貸した人と借りた人の間で、お互いに貸し借りをチャラにすることをいいます。つまり、これ以上の借金を返済しなくてもいい代わりに、これまで支払ってきた法外な利息を返してもらえないということです。これでは、借りたほうが損をしてしまいますが、一刻も早く闇金と手...

親が闇金から借金をしている場合、返済が滞ると子どもからも取り立てようとします。自分が借金をしているわけでもないし、親の借金の保証人にもなっていないのに、連日、闇金からの取り立てに苦しめられるという、最悪の事態が起こります。法外の高金利で借りたお金は返す必要はありませんが、こういう正論は相手に通じません。親の返済が滞れば、その子どもの家や職場に頻繁に電話をかけて、脅迫まがいの取り立てを始めます。この...

内容証明とは、いつ、どのような内容の文書を、誰から誰へ郵送したかを郵便局が証明する制度です。同じ内容の文書をカーボン複写などで3通作り、1通は差出人に郵送、1通は自分が保管、もう1通は郵便局が保管します。闇金で借りたお金の利息が、法で定められた利率より高ければ違法ですから、その借金を返す必要はありません。しかし黙って支払わないでいると、金を払えと厳しく取り立ててきます。このような取り立てをさせない...

闇金からお金を借りてしまい、高い利息が苦しくて返済できない。こんなときは、落ち着いて対処しましょう。違法な金利で借りたお金は、返済する必要がないからです。警察、消費者センターなどの相談窓口、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談しましょう。相談に行く前に、その業者が違法な闇金であるという証拠を集めておくと、対応が早くなります。貸金業は都道府県などに登録しなければ、営業することはできません。無登...

苦労して闇金の借金を完済しても、なかなか闇金と縁が切れない場合があります。一度でも闇金とかかわると、返済後もカモとして狙われることがあるので要注意です。借金が完済できたと安心していたのに、何カ月かするとまた電話やダイレクトメールで融資の勧誘をされる人が多いのです。勧誘を無視すると脅しをかけてくる悪質な業者もいます。脅されたらすぐに警察などに相談しましょう。闇金に教えた個人情報は、同業者間でやりとり...

他の金融機関が融資を断るほどの多重債務に陥っている人は、つい闇金を利用してしまいます。闇金もこのことよく知っていますから、ブラックリストに載っていても100万円まで即日融資!など、甘い言葉で客を引き寄せるのです。しかし誘い文句とは裏腹に、多額のお金を貸すことは、ほとんどありません。短い返済時間で少額を貸し、それに高利を付けて取り立てるのです。100万円を借りたくて申し込んだのに、個人情報をさんざん...

資金繰りに困ってつい闇金に手を出してしまった場合、その後雪だるま式に膨れ上がる利息や強引な取立て苦しめられるといったトラブルに見舞われるケースが出てきます。そんな時に厄介なのが個人情報が流出してしまったケースです。闇金に限らずお金を借りるときには必ず住所氏名、年齢、電話番号、銀行口座といった個人情報を提供する必要がありますが、この情報が闇金に流出してしまったことによって連日のような取立ての連絡が行...