MENU

闇金トラブルで警察に相談するときの注意点

闇金からお金を借りて、取り立てなどのトラブルで困ったら、警察に相談しましょう。

 

かつては、「お金を借りて返さない方が悪い。

 

民事不介入です」などと言って、ろくな対応をしてくれない警官もいましたが、闇金が社会問題化するにつれ、政府は取り締まりを厳しくしています。

 

違法な存在から苦しむ市民の相談に、以前よりしっかりと対応するようになりました。

 

警察に相談するためには、相手が違法な存在であることをわかってもらう必要があります。

 

警察は次々に発生する事件に追われていますから、時間を掛けずに理解してもらえるように、証拠の資料を持参して、それを見せながら相談しましょう。

 

まず、お金を借りている業者が、違法であることを確かめます。

 

貸金業者として登録を行っているかを確認しましょう。

 

金融庁のホームページから、登録貸金業者情報検索サービスが利用できます。

 

次に、法定金利よりも高い金利で借りていることが分かる資料をまとめます。

 

お金のやりとりが記録されている返済金の振込通知書や、預金通帳を持って行きましょう。

 

手渡しで返済をしている場合は、借りた日時と金額、返した日時と金額を記録したものを見せましょう。

 

勧誘のチラシやダイレクトメールも、証拠になる場合があります。

 

脅迫的な取り立ても違法になりますから、電話で脅されたり嫌がらせをされたりしたら、日付と内容を記録しておき、脅迫電話は録音しておきましょう。

 

多忙な警察は対応はしてくれますが、トラブル解決までに多少の時間がかかります。

 

一日も早く取り立てを止めさせたい場合は、闇金トラブルの解決を得意とする弁護士や司法書士に相談しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所