MENU

闇金への返済方法に悩んだら

闇金からの借金が苦しくて、何かいいい返済方法はないかと悩む人が多いのですが、違法な貸金業者から借りたお金は返す必要はありません。

 

悩まずに法的な手続きをとりましょう。闇金から借りたつもりでも、実は正規の金融業者だったという場合もあります。

 

この場合は返済しなければならないので、まずは借りている業者が違法か適法かを確認することが大切です。

 

金融業者が国や都道府県に登録をしているか、法律で定められた範囲内の金利でお金を貸しているかが、違法業者かどうかを見分けるポイントです。

 

金融庁や都道府県のホームページで金融業者名を検索し、正規に登録されている業者かどうかを確認しましょう。

 

090金融などと呼ばれる住所を公開していない金融業者は、居場所の確認すらできない違法な闇金です。

 

法律で決められている金利の上限は年20%です(平成22年6月17日以前は年29.2%)。

 

これより高い利率でお金を貸すと、懲役や罰金が科せられますから、民事上でも契約は無効になります。

 

闇金への返済方法に悩んだら、まずは返さなくてもいいということを思い出してください。

 

法的な手続きをすれば、その後は返済しなくても取り立てがくることはありません。

 

これらの手続きや交渉は、弁護士や司法書士に依頼すると、早く解決します。

 

もし、闇金でない金融業者に借りていて返済できない場合でも、弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

任意整理や個人再生など、借金問題を解消する方法を教えてくれます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所