MENU

闇金からの借金、時効はあるの?

借金には時効があります。一般的には、個人が借りたお金は、10年間取り立てがなければ時効が成立し、借金を返さなくてもいいとされています。

 

しかし、これが成立するのは、10年間に一度も借金の返済を行わず、返済日を待ってもらうなどの交渉をしなかった場合です。

 

このような行為は、返済の意思を示したことになりますから、そこからさらに10年間、期限が伸びてしまうのです。

 

ですから、10年間頑張れば借金がチャラになると考えるのは、あまり現実的とはいえないでしょう。

 

特に違法な闇金からの借金は普通の融資とは違いますから、時効の成立は期待できません。

 

アウトローな闇金業者にとって、法律違反はあたり前の行為です。

 

そんな理由で取り立てを止めるわけはありません。

 

10年後であろうがなかろうが、一銭でも多くのお金を巻き上げようとするのです。

 

例えば「100円でもいいから返して、誠意をみせてよ」などと持ちかけて小銭を受け取るだけで、時効を10年延長できるのです。

 

なかには、時効になった債権を安い値段で買い取って、激しく取り立てるなどの悪質な回収行為をする業者も存在します。

 

そもそも法律に反する高利でお金を貸しているのですから、そのような借金を返済する必要はないのです。

 

10年頑張れば借金がチャラにできると考えるよりも、今すぐ取り立てを止めさせるべきです。

 

闇金とのトラブル解決を得意とする弁護士や司法書士に相談するのが、トラブル解決の一番の近道です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所