消費者金融闇金違い

MENU

消費者金融と闇金の違いとは?

消費者金融と闇金を同じように怖い金貸しと思っている人がいますが、2つの業者は、まったく性質が違います。

 

消費者金融とは、個人に対してお金を貸す金融業者のことです。

 

キャッシュカードが発行され、カードローンという形で融資を行うのが一般的です。

 

バブル崩壊後、不景気に苦しむ人が増え、消費者金融からお金を借りる人が増えました。

 

このため政府は、金利規制を厳しくしたり、多重債務に陥った人の相談窓口を設けたりして、健全な金利契約を進める政策をとっています。

 

法律違反をすると、すぐに営業停止になりますから、健全経営が行われているのです。

 

金融業者として都道府県などに届けを出し、自治体が認める登録業者として営業しています。

 

金利も、法律の範囲内に設定されています。

 

一方の闇金は、必要な営業登録をしていない無届の貸金業者です。

 

店舗を構えない業者も多く、携帯電話一本でお金を貸して、居場所を隠している闇金は090金融と呼ばれています。

 

お金を貸すときの金利も、法外に高く設定されています。

 

審査は甘く、消費者金融なら決して貸さない多重債務者や、倒産を防ぎたい中小企業の経営者などをターゲットにし、人の弱みに付け込んで言葉巧みにお金を貸すのです。

 

大手銀行や世界的に知られる上場会社の社名に似せた屋号を付けている業者も多く、それらの企業とはまったく関係がないにもかかわらず、あたかもグループ会社のように装って客をだまします。

 

消費者金融と闇金の違いをよく理解して、決して闇金から借金をしないようにしましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所