MENU

闇金と信用情報の関係とは?

借金が返済できないと、信用情報に傷がつきます。

 

信用情報とはクレジットやローンなどを利用している人の、取引情報のことです。

 

契約内容、返済状況などが記録されており、金融業者がお金を貸すときに、その人に支払い能力があるかどうかを判断するために利用されています。

 

クレジットやローンなどの返済ができなかった人は、次にお金を借りようとしても、金融機関が融資をしてくれません。

 

このため闇金から借金をする人が多いのですが、この取引は信用情報に記載されるのでしょうか?

 

闇金は貸金業の登録を行っていませんから、銀行やクレジット会社が加盟する一般的な信用情報機関にも入っていません。

 

ですから、取引が記録されることはありません。

 

闇金は、信用情報に傷がついて返済能力なしと判断され、どこからもお金を貸してもらえない人をカモにします。

 

ブラックリストにのっていても即日融資OKですよ!

 

などと、甘い言葉で勧誘し、高利で貸し付けるのです。

 

どこの金融機関からもお金を貸してもらえないほどの借金を抱えている人は、闇金に手を出す前に弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

どこも貸してくれないからといって、高利でお金を借りてしまうと、借金はますます膨れ上がり、大変なことになります。

 

借金を減らすための法的な手続きを取って、債務を整理しましょう。

 

現在闇金からお金を借りている人も、弁護士や司法書士に相談してください。

 

取り立てを止めさせ、返済しなくてもよくなります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所