MENU

違法な金利を取る闇金との契約は無効

闇金業者から借りた違法な借金は、無効になることが多いので、返済する必要はありません。

 

10日で3割など法外な金利を付けてお金を貸す闇金は、出資法違反で禁止されています。

 

このため、借金は無効となり、利息を支払う必要はありません。

 

違法な貸し付けですから、借金の返済がまだ残っていたとしても、法律上は返済する義務はないのです。

 

それどころか、これまで返済した不当な利息の返還を請求できるのです。

 

闇金から借りたお金が違法である証拠があれば、法的な手続きを取れば無効にできます。

 

闇金は法外な利息を取るので、高額な利息に苦しめられている人は、すくにでも弁護士か司法書士に相談しましょう。

 

素人が不正な貸金業者に向かって、支払いの義務はない、今まで払った不当な利息を返してくれと交渉しても、相手にしてもらえないでしょう。それどころか、却って脅されたり、ごねられたりして危険です。

 

法的な書類の手続きは複雑ですから、書類作成や相手の交渉を代理で行ってくれる弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

特に、取り立てトラブルの解決を得意とする弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

 

法律事務所は、それぞれ得意な分野があります。ホームページで得意な分野をアピールしていますから、闇金トラブルに強い法律事務所を探しましょう。

 

借金問題を扱う法律事務所は、初回無料相談、分割払いなど、利用しやすい料金システムを採用しているところも多いので、一人で悩まずに、まずは無料相談で事情を聞いてもらいましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所