MENU

知らないと後悔する!闇金業者の見分け方

最近の闇金は手口が巧妙になり、普通の町金を装ってお金を借りさせようとするところが増えています。

 

知らずに借りてしまうと、後で大きなトラブルに発展しますから、闇金かどうかを見分ける方法を知っておきましょう。

 

一番簡単な見分け方は、向こうから貸しますと言ってくる業者です。

 

普通の金融機関は慎重な審査をした上で、やっとお金を貸してくれますが、闇金はチラシやダイレクトメールなどで、ブラックリストに載っている人でも即日融資!など、言葉巧みにお金を借りさせようとします。

 

ポストにチラシが投げ込まれている、携帯電話から複数の借金を一本化しませんかと電話がかかってきた、クレジットカードで買い物をした商品を買い取りますと誘ってきた、これらは全て闇金と考えて間違いありません。

 

また、登録業者かどうかを調べる方法もあります。

 

たまに、うその登録番号を表示している悪質業者がいますから、借りる前にその業者が貸金業として登録されているかを調べましょう。

 

金融庁のホームページには検索ページが設けられており、全国の登録貸金業者を検索できます。

 

金利を最後まで提示せず、個人情報ばかりを聞き出そうとする業者も闇金と考えて差し支えありません。

 

ホームページの登録フォームから借金を申し込むのも非常に危険です。

 

登録フォームに名前や住所を入力して送ってしまえば、個人情報を握られてしまいます。

 

たとえその場でお金を借りなくても、後で無理やりお金を借りさせようとして、嫌がらせをしてくることもありますので注意が必要です。

闇金かどうか見分け方は関連団体の加盟も重要

闇金にお金を借りてしまうと、借りたお金は数万円程度の少額だったのにあっという間に雪だるま式に借金が増えたという話もしばしば耳にします。

 

闇金はいったん手を出してしまったら終わりくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

 

闇金の中にはソフト闇金といって、一見すると違法業者に見えないような物腰の柔らかい担当者が出てくるというパターンもありますから、注意しないといけません。

 

闇金の見分け方として一つ押さえておきたいのは、日本貸金業協会に加盟しているかどうかです。

 

日本貸金業協会とは独立法人で、健全な営業を貸金業者が行っているかチェックするための機関です。

 

ちなみに内閣総理大臣の認可も得ている、由緒ある団体です。

 

もしまっとうな営業をしている貸金業者であれば、きっと日本貸金業協会の会員となっているはずです。

 

日本貸金業協会の会員になると、会員番号が発行されます。

 

「日本貸金業協会 第○○○○号」といった番号が割り振られます。

 

日本貸金業協会に加盟するためには、貸金業者として登録しているかなどの審査が行われます。

 

すなわち闇金業者がたとえ日本貸金業協会加盟の申請をしたところで、きっと審査ではじかれるでしょう。

 

だから日本貸金業協会の会員番号がホームページやチラシに一切記載されていない業者があれば、そこでお金を借りるべきではありません。

 

闇金業者の中にはそのことを理解しているケースもあって、日本貸金業協会に入会していてさもありそうな会員番号を自社のホームページやチラシに掲載していることもあるかもしれません。

 

ですから番号が書かれているというだけで、安易に信用するにはやめた方が良いでしょう。

 

ちなみに記載されている番号が本当に正しいかどうかは、日本貸金業協会のホームページでデータ照会できるページがあります。

 

番号を入力するだけで本物かニセモノかがすぐにわかりますので、確認する意味でも活用しましょう。

 

闇金の手口は巧妙になってきているので、利用するこちらも慎重な態度で臨むことが求められます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所