MENU

闇金の携帯電話番号が密告されたら罪に問われることも

090金融と呼ばれる闇金は住所を公開せず、携帯電話だけで営業をしています。

 

勧誘も携帯電話で行いますから、狙われたら、知らない携帯番号から、何度も電話がかかってきます。

 

不審な携帯電話やメールは、受信拒否・着信拒否にして、一切関わらないようにしましょう。

 

とはいえ、何度も不審電話がかかってくると不安になり、誰からの電話か知りたくなります。

 

このようなときは、金融庁などが違法な貸金業者の名前、電話番号、携帯電話番号などの情報をホームページで公開していますから、調べてみましょう。

 

しかし、090金融は頻繁に携帯電話を変えるので、有力な情報が得られない場合もあります。

 

そこで、インターネットには自分が被害にあった違法貸金業者の電話番号を密告する掲示板がいくつも立てられています。

 

不審な電話がかかってきたら、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

090金融が、頻繁に携帯電話が変えることができるのは、闇金でお金を借りて返せなくなった人に、いいアルバイトがあると持ちかけて携帯電話を買わせ、それを買い取ったり、だまし取ったりしているからです。

 

お金が返せなくて焦っていますから、つい言いなりになって携帯電話の契約をし、闇金に売ってしまう人がいます。

 

携帯電話の売買は違法行為ですから、絶対にしてはいけません。その人が売った携帯電話が、090金融や振り込め詐欺に使われたら、大変なことになります。

 

被害にあった人が携帯番号を密告したり、被害届を出したりすれば、携帯電話の持ち主が発覚します。

 

闇金に転売する目的で携帯電話を買っていたことがわかると、詐欺罪や携帯電話不正利用防止法違反に問われることもあるのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所