MENU

闇金と街金、どう違うの?

怖いイメージが強い闇金ですが、街金のことも、同じように考えている人がいます。

 

しかし、この二つは同じではありません。闇金は、国や都道府県などに貸金業の登録をしていない、無届けの業者のことです。

 

また、貸金業登録をしていても、違法な金利でお金を貸す業者は闇金と呼ばれます。

 

つまり、平気で法律を犯す金貸し業者のことです。

 

街金は地域密着型の、比較的小規模な貸金業者のことで、町の金貸し屋さんといったイメージです。

 

貸金業として登録を行っているので、違法ではありせん。

 

顧客に融資をするための資金の調達は、普通の会社と同じように銀行や地元の信用金庫などの金融機関から借りています。

 

しかし、中には法律で定められた金利より高い利子でお金を貸す違法な街金もあります。

 

こういう業者がいるから混同されやすいのですが、違法金利でお金を貸した時点で、その業者は街金から闇金へと転落します。

 

法律を守って営業をする街金は、安定した収入が見込めない無職の人や、ブラックリストに乗っている人にはお金を貸しません。

 

一方、闇金の場合は、多重債務者やブラックリストに乗っている人でもお金を貸し付け、法外な利子を付けて返済を迫ります。

 

むしろ、このような人をターゲットにしているのです。

 

ブラックリストに載っている人が、どこからも融資を受けられない弱みに付け込んで、ブラックリストに載っていても即日融資しますなど、甘い言葉で勧誘してお金を貸し、法外な利子を付けて激しく取り立てを迫ります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所