MENU

闇金と交渉する前に知っておくべきこと

金利を下げてください、返済期間を延ばしてくださいなど、闇金に返済を待ってもらうように交渉してもムダです。

 

素直に待ってくれませんし、ますます脅されてしまいます。

 

そもそも、このような交渉事態が間違っているのです。

 

闇金に対しては、これ以上の借金を返済しないことと、返しすぎた利息を返してもらうといった正当な交渉をするべきなのです。

 

しかし、相手に対してきっぱりと取引をやめると伝えるためには、それなりの覚悟と強い気持ちが必要です。

 

法律違反の借金だから、返済しませんと伝えたところで、黙って引き下がる相手ではありません。

 

脅しや嫌がらせに耐えながら、一人で相手と渡り合うのは危険です。

 

自分だけで何とかしようとせずに、警察や弁護士、司法書士などの専門家に協力してもらいましょう。

 

これ以上の取り立てを続けても、闇金側が不利になるだけだと納得させれば、和解に応じてくれます。

 

一日でも早く解決したい場合は、弁護士や司法書士といった専門家に頼みましょう。

 

法律の専門家が和解交渉に乗り出したら、ほとんどの闇金はこの時点で自分が不利だと悟り、取り立てを止めてしまうからです。

 

誰にも相談せずに一人で悩んでいても、事態は何も変わりません。

 

それどころか、ますます傷は深くなります。闇金の借金は違法ですから、本来は返す必要がないのです。

 

このことをしっかりと頭に入れて、冷静に対処しましょう。

 

違法な金利であることを証明する書類を専門家に見せれば、後は、弁護士や司法書士が交渉してくれます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所