闇金不法原因給付

MENU

闇金の不法原因給付とは?

闇金は貸金業の届け出をせず、法律で決められた金利以上の高い利息を付けてお金を貸し付ける、違法な存在です。

 

上限金利が年20%をこえる貸し付けは出資法違反となり、刑罰が科せられます。

 

さらに脅迫など、違法な取り立てを行った場合も、懲役や罰金の刑が科せられるのです。

 

このような法律に反する貸付金は、不法原因給付と呼ばれており、返済しなくてもいいと決められています。

 

闇金から借りたお金も違法な金利がついていますから、不法原因給付です。返す必要はありません。

 

しかし、黙って返済をストップすれば、相手は借り逃げされたと思って、激しく取り立ててきます。

 

取り立てを防ぐためには、「違法だから払いません」とはっきりと伝える必要があるのです。

 

だかからといって、自分だけでこのような交渉をするのは危険です。

 

警察に相談するか、弁護士や司法書士に依頼して解決してもらいましょう。

 

法的な手続きをすれば、脅迫まがいの取り立てがなくなりますし、これまで払ってきたお金を返還請求して、取り戻せる場合もあります。

 

闇金トラブルの解決を得意とする法律の専門家に相談すれば、状況に合わせて的確に処理をしてくれます。

 

闇金の借金は不法原因給付だということを知らない人は、借りたお金は返さなければいけないと思い込んで、無理をしてでも返済してしまいます。

 

相手は法律を犯しているわけですから、一人で悩まずに一日も早く政府の相談窓口や、法律のプロに相談しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所