MENU

支払い督促が届いたらすぐに対処しましょう。

借金をしていると支払い督促状が裁判所から届く場合があります。

 

その際には、絶対に放置してはいけません。

 

支払い督促を放置しておくと、相手の言いなりのままに支払が確定してしまうからです。

 

裁判所を通しているので、法的に確定してしまうのです。

 

なので、きちんと対処する必要があるのです。

 

法的に支払いが確定すると、差し押さえなどの手続が進んでしまう可能性もあります。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

すぐに債務整理を取り扱っている弁護士司法書士に相談してください。

 

裁判所を通しているという事は、届いた支払督促に対して、あなたからも反論の場が設けられている事を意味します。

 

ですが、それを無視してしまうと、私には、反論する事はありませんという意思表示になってしまい、相手の主張が正しいと認めてしまう事になります。

 

なので、あなたは反論できる場が設けられたと同時に、反論しなければならない立場になってしまったのです。

 

でも、あなたは素人です。

 

素人のあなたが口頭弁論の期日や督促異議の期日までに準備をする事は、ほぼ不可能に近いです。

 

そもそも、多額の借金を背負っている状態で、まともな思考などできるはずはありません。

 

冷静に判断・準備をしてくれる専門家に相談してしまう事がベストです。

 

もちろん、相談はすぐにして下さい。

 

いくら専門家とはいえ、準備期間は必要です。

 

期日のギリギリに相談されては、専門家でも何もできなくなっている場合があるからです。

 

また、5年以上放置されていたにも関わらず、突然支払い督促が届いた場合、消滅時効により返済義務がなくなる事もあるので、すぐに専門家に相談してください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所