MENU

借金返済をしているけれども住宅ローンは借り入れできる?

マイホームを購入する時は、普通に仕事をしている場合、住宅ローンからの融資を受ける人が多いはずです。

 

住宅ローンを組むにあたって、金融機関の審査を受けないといけません。

 

対象の物件や申し込んだ人の勤務状況、収入、過去に返済を巡るトラブルを起こしたことはないかなどを考慮して、融資の可否を判断します。

 

ここで問題になるのは、現在カードローンなどの借入をしていて、借金返済の最中だった場合です。

 

基本的に借金返済をしている状態だと、審査は不利になります。

 

貸したお金を返済してくれるかどうかを見極めるのが、住宅ローンの審査です。

 

他にも借金返済をしているのであれば、自分のところにお金が回ってこないかもしれない、このように判断する可能性は十分にあります。

 

もしカードローンに借金があれば、完済をしてから住宅ローンの審査を受けた方が、審査通過できる可能性は高いです。

 

また過去にカードローンの返済で滞納があった場合も、審査ではマイナスに評価されます。過去2年間の返済状況は、信用情報に登録されています。

 

住宅ローンの審査の中では信用情報もチェックされますから、相手に情報は伝わってしまいます。

 

現在は全く借り入れがない状態でも、消費者金融や銀行のカードローン契約が残っている場合も注意です。

 

現在借入がなくても、カードローン契約が生きていれば、「もしかすると今後ローンを利用するかもしれない」と相手は判断してしまうかもしれません。

 

そうなると審査の中ではマイナス評価にされかねないのです。

 

そこで審査を受ける前に、必要のない消費者金融のカードがあれば、契約そのものを解約した方が良いでしょう。

 

カードローンの契約は有期ですが、満期が来ても何のリアクションをしないと自動的に更新されます。

 

解約手続きを済ませて、印象を少しでも良くしておくことは大事です。

 

住宅ローンの審査に通るかどうか不安な人は、本審査の前に事前審査があります。

 

こちらを受けて融資可能かどうかチェックしてみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所