MENU

借金返済を滞納するとどうなる?

お金を借りたら返す、これは借り入れをする時の鉄則です。

 

ところが中には、返済期日でも借金返済するためのお金を用立てることができないというケースも出てきます。

 

もし借金滞納した場合、消費者金融はどのように対処するでしょうか?

 

まずは電話もしくはハガキなどで催促を行います。

 

昔のドラマや映画を見てみると、チンピラ風の借金取りが凄んでくるようなイメージを持つ人もいるかもしれません。

 

ヤミ金であればそのようなこともあるかもしれませんが、通常は事務的な対応をしてきます。

 

もし電話などで対応する場合大事なのは、「いつまでに返済できるか?」ということです。

 

この部分をきちんと説明すれば、相手も事情を理解してくれて、まともな業者であればそれ以上の催促はしてきません。

 

しかし借金返済できないことの後ろめたさがあるのか、電話やはがきが来た時に逃げ回ってしまう人もいるようです。

 

催促の電話やはがきを出しても、1か月くらい逃げ回られると、債務者の自宅を直接訪問して取立てという流れになります。

 

ただしこれは一人暮らしの債務者が中心で、実家暮らしをしている、結婚して所帯を持っている家庭には行かないルールが消費者金融ではあるようです。

 

ヤミ金業者であれば、そのようなことはお構いなしでしょう。

 

この場合でも怒鳴られる・威嚇されるといったことはまずありません。

 

ビジネスライクな対応をしてきます。

 

これでも居留守を使うなどして逃げる人もいます。

 

そして滞納してから2〜3か月くらい経過すると、いよいよ金融業者も法的手続きに訴えてくる可能性があります。

 

全額返金もしくは給料の差し押さえの法的手続きに入るわけです。

 

逃げ回っていても、自分の立場をどんどん危うくするだけでメリットは何もありません。

 

また2〜3か月滞納していると信用情報に事故情報が載り、カードやローンが今後一切利用できなくなります。

 

借金返済できない時点でこちらからコンタクトを取って、どうすればいいか相談することがベストでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所