MENU

借金返済の相談の際には、過去の借金についても相談を!

借金返済の際に、過去に返済の終了している借金は関係ないと、あなたは思っているかもしれません。

 

ですが、過去に返済の終わっている借金に関しても一緒に相談する事によって、現在の借金の返済の助けになったり、過払い金が返ってきたるすることもあります。

 

過払い金の時効は10年です。

 

完済した借金に関しては、過払い金の請求ができるのは、10年までです。

 

しかし、同じ金融機関から借金をすぐにした場合は、同じ取引とみなしてもらえる事があります。

 

そうなれば、過去の完済している借金の分の過払い金を請求する事ができます。

 

もちろん、完済後、10年経過していない借金についてもグレーゾーン金利部分に関しての過払い金の請求は可能です。

 

完済しているからといって関係ないと思い込んではいけません。

 

過去に完済している借金からの過払い金を合わせれば、今の借金が完済できるケースもありますし、過払い金が貰えれば、それだけ借金の減額が可能になります。

 

過去の借金に関しては、完済していると資料が残っていない場合もあるかもしれませんが、出来る限り記憶をたどって、弁護士司法書士に借金の相談をされる際に説明して下さい。

 

銀行通帳の借金の際の入金記録や引き落とし履歴などでも、もちろん構いません。

 

資料が全くなくても、借金をしていた事実だけでも相談して下さい。

 

後は、金融機関へ資料の請求は代行してくれます。

 

払い過ぎたお金は、きっちり返してもらいましょう。

 

あなたの命の次に大切なお金なのですから。

 

 

 

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所