MENU

借金返済は必要経費になる?確定申告できる?

借金返済に充てるお金を確定申告に充てることはできるのでしょうか?

 

自営業の人、会社員で副業をしている人、年間の収入が2000万円を超える人などが確定申告をして納める税金を確定します。

 

確定申告では必要経費を申告して税金を減らすことができるのです。

 

では借金はどうなるのでしょうか?

 

自営業の人であればガソリン代や家賃、仕入れ代金、交際接待費などは確定申告をすることで税金を減らすことができます。

 

これらの経費を借金を利用して賄った場合、借金にかかった利息だけが必要経費として認められます。

 

確定申告をすることが可能なのです。

 

ただし、借金を遊びのためや生活費のためにした場合は、確定申告をすることはできません。

 

必要経費として認められないからです。

 

大部分の人が借金をする理由は遊ぶため、生活費のためではないでしょうか。

 

確定申告で認められるのは事業での必要経費分の借金だけです。

 

個人での借金は認められません。

 

ただし住宅ローンの借金の場合は違います。

 

住宅ローンの場合、借入額の1%の金額を最高10年間まで減税されます。

 

住宅ローン借入額の1%の金額を、最高10年間まで減税されます。

 

つまり4000万円の住宅ローンがあれば年間40万円の減税が受けられることになるのです。

 

借金返済があっても基本的には必要経費にはならないことをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

借金を作ってしまっても、確定申告で減らすことができるなどという甘い考えに期待を持たないようにしましょう。

 

借金を作ればコツコツと返済していくしか方法がありません。

 

少しの金額を借り入れしても利息がかかってくるので長い期間返済に充てることになります。

 

少額での借金返済は利息ばかり返済することになり、なかなか元金は減りません。

 

損をしたくないのであれば、借金をしないことが肝心です。

 

ただ、どうしても借金をするのであれば、きちんと返済計画を考えたうえで必要な金額のみを借り入れするようにしましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所