MENU

身内の借金返済の義務はある

自分が作った借金の返済で苦労しても、それはある意味自業自得な所があるのであきらめもつくかもしれません。

 

しかし自分が作ったものではない借金返済で苦労するのは、少し理不尽な感じがします。

 

ところがこのような自分が作ったわけではない借金の返済に追われて、日々苦労している人もいます。

 

家族など身内が作った借金を代わりに返済するパターンは結構多いようです。

 

家族が作ってしまった借金、しかも当人にもはや返済能力がないと、親兄弟がその返済を負う義務があると道義的には思ってしまいがちです。

 

債権者に「身内の借金だから何とかしろ!」と言われると言いなりになってしまうケースもあります。

 

でも原則身内であっても、債務関係では他人となります。

 

このため、家族が作った借金を他の家族の誰かが返済する義務はありません。

 

配偶者でも、親兄弟が作った借金でも、あなたが返済をする道理はありません。

 

ただし連帯保証人となっている場合には、話は別です。

 

連帯保証人は、事実上債務者とほとんど同じような立場になると思ってください。

 

身内に頼まれたからと言って、あまり簡単に連帯保証人となるのは考えものです。

 

もう一つ注意したいポイントとして、親などが借金を抱えたまま亡くなってしまった場合です。

 

実は債務はマイナスの財産と解釈されます。

 

このため、借金を抱えていれば、子どもなど相続する人が預貯金などのプラスの遺産とともに相続しなければならなくなります。

 

この場合、他人が作った借金とはいえ、返済義務が生じてしまいます。

 

親がなくなって借金があることがわかれば、相続放棄をする対処法があります。文字通り相続の権利を放棄するものです。

 

預貯金や不動産などプラスの財産も放棄しないといけませんが、借金の返済義務を背負わずに済みます。

 

ただし相続放棄をすることがベストかどうかは、プラスマイナスどちらの遺産が大きいかによっても変わります。

 

まずは親が亡くなった時に借金があるかどうか確認をして、どうすればいいか専門の弁護士などに相談をすると良いでしょう。

親の借金は子供に返済義務がある?

親が借金を残したまま蒸発してしまった場合、残された借金は子供に支払い責任があるのでしょうか?

 

たとえ自分の親の借金であっても子供に返済義務はありません。

 

同居して一緒に暮らしていたとしても支払い義務はありません。

 

親の借金は親のものです。

 

ただし、保証人になっていれば話は別です。

 

借金を返済しなければなりませんが、親が勝手に子供を保証人にしていた場合は、借金返済を拒否することができます。

 

子供の承諾なく親が勝手に保証人にしていれば、借金返済を拒否する権利があるのです。

 

個人での対応が難しい場合には専門家に相談するといいでしょう。

 

親が亡くなった後に借金があることが分かった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

親がなくなると遺産相続をすることになります。

 

遺産相続では財産を分配するのですが、不動産や預貯金だけでなく借金も含まれます。

 

借金返済をしたくない場合は、遺産相続を放棄すれば大丈夫です。

 

ただし、遺産放棄をすれば、プラスの財産も放棄することになります。

 

借金よりもプラスの財産のほうが多いと財産放棄をすることは損になりますが、借金のほうが多い時には相続放棄をするほうが良いでしょう。

 

親が亡くなり法定相続人になったということを知った時点から原則として3カ月以内に「相続放棄をするかどうか」などを申し立てなければなりません。

 

これをしないと相続をするものとみなされ借金返済の義務が生じます。

 

親が亡くなってから借金があることを知れば、相続放棄など大きな損をしてしまうことになってしまいます。

 

親が元気なうちに借金があるかどうかを把握しておきましょう。

 

親が亡くなった後に多額の借金があることが分かれば、大切なマイホームを手放さなくてはならない事態に陥るかもしれません。

 

返済することが難しければ親が元気なうちに債務整理をすればいいのです。

 

これは法律上の話ですから闇金から借金をしている場合は、相続を拒否しようが関係なく取り立てに来るでしょう。

 

闇金から借りたお金であっても返済する必要はないので慌てて返済をしないようにしましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所