MENU

債務整理をしていても、住宅ローンの審査に通りますか?

債務整理をした後は、住宅ローンを申し込んでも審査に通ることはまずありません。

 

債務整理をすると、事故情報として、その事実が信用情報機関のデータベースに入ります

 

特定調整や任意整理を行うと5年、個人再生を行うと7年、自己破産を行うと10年間は記載が残ります。

 

住宅ローンの審査は金融機関が行いますし、審査は普通のローンよりはるかに厳しくなりますので、申し込みは止めておいた方が無難です。

 

住宅ローンの審査時には、申込者本人の年収、勤務先、信用情報を基に金融機関が審査を行い、融資するかどうかを決定します。

 

いくら年収が基準を満たしていても、信用情報に債務整理をした事実が残っていたら、審査では確実に落とされます。

 

返済は3年でも、情報が残るのは5年〜10年なので、返済が終わって債務がなくなっても、信用情報には数年間は残ってしまいますので、債務整理をしていて、返済している途中であれば、その返済をきちんと行いつつ、頭金を貯めておいて、信用情報機関から債務整理の事実の記載が消える頃合いを見て、再度申し込みをする方が無難です。

 

信用情報は申請すれば閲覧できますので、申し込みの前に確認されることをお勧めします。

 

持ち家については、自己破産であれば競売にかけられますが、買い手がつくまではそこに住むことができますし、自己破産以外であれば住宅ローンは支払いを続けて、残りの債務を整理することもできますので、支出のムダを見直し、支払える目処をつけて、自己破産以外を選択したほうが、後々苦労しなくても済みます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所