MENU

債務整理すると信用情報はどうなりますか?

債務整理を行った際には、当然ながら信用情報にも影響を与えます。

 

債務整理をすると、それは事故情報になります。

 

日本には信用情報機関が3社(全国銀行個人信用情報センター、JICC、CIC)あり、そのすべてに事故情報として債務整理した事実が残ります。

 

任意整理や特定調停ですと5年、個人再生で7年、自己破産で10年は債務整理をしたという事実が事故情報として信用情報機関や官報に記載が残りますので、その間には様々な制限があります。

 

まずは、クレジットカードが作れなくなります

 

申し込みがあった時に、与信審査として信用情報を見るので、その際に債務整理の事実があると、信用情報の審査で引っかかるためです。

 

次に住宅ローンマイカーローン、その他各種ローンが組めなくなります。

 

これも同じく、審査の際に信用情報を見るためですが、特に住宅ローンやマイカーローンは金融機関が審査を行うので、かなり厳しい審査になります。

 

最後には、銀行を含めた各消費者金融会社も、信用情報を理由にお金を貸してくれなくなります。

 

各信用情報に対し、自分自身の信用情報がどのようになっているかというのを確認することができます。

 

信用情報に掲載される期間が過ぎ、住宅ローンやマイカーローンなどの利用を検討する際は、信用情報を開示してもらい、確認することをお勧めします。

 

稀に信用情報が削除されないまま残っていることがありますが、削除は信用情報を登録した会社にしかできないので、信用情報機関を通して調査してもらうしか方法がありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所