MENU

債務整理すると生命保険は解約?

家族のいる人は特に、自分に何かあっても家族が困らないように生命保険に加入している方も多いでしょう。

 

ところで借金をしていてその返済が難しくなっている場合、債務整理による問題解決も選択肢の一つとしてあります。

 

しかし債務整理を実際行うにあたって、現在加入している生命保険を解約しないといけないのではないか、このように考えて躊躇している人もいるでしょう。

 

債務整理をする人はお金にかなり困っていることが予想できますから、いざというときに保険金が入ってこないとなるとかなり困ります。

 

基本的に生命保険を債務整理したからという理由だけで、解約させられることはありません。

 

ただし例外があって、自己破産をした場合には注意した方が良いでしょう。

 

生命保険の中でも掛け捨てタイプと積立タイプの2種類があります。

 

自己破産をしても掛け捨てタイプの生命保険であれば問題ないのですが、積み立てタイプの場合解約返戻金が発生します。

 

自己破産をした段階で、解約返戻金が20万円を超える場合には裁判所に解約を命じられるので、その返戻金を債権者側に渡さないといけません。

 

個人再生の場合でも20万円ではありませんが、その時点で生命保険を解約してかなり高額な返戻金が発生する場合には、裁判所が解約を命じることがあります。

 

この2つのケースで解約の可能性があるくらいで、他の債務整理で生命保険を強制的に解約させられることはまずないと言って良いでしょう。

 

ちなみに債務整理をした後、生命保険に加入したいけれども断られてしまうのではないか、と思っている人もいることでしょう。

 

債務整理は事故情報として、信用情報機関で管理されます。

 

しかし信用情報は銀行やローン会社、信販会社といった金融機関が閲覧するものです。

 

保険会社が信用情報を加入の際にチェックすることはありませんから、生命保険に債務整理をした事実だけで加入できなくなるということはありません。

 

生命保険にはあまり影響のないことは理解しておきましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所