MENU

債務整理後ローンはいつから組めますか?

債務整理後は、しばらくの間ローンを組むことができません。

 

どうしてかといいますと、債務整理をすると、一定期間その情報が信用情報機関のデータベースに記載されるためです。

 

ちなみに、任意整理や特定調停を行うと5年、個人再生を行うと7年、自己破産した場合は10年間、信用情報機関に事故情報として債務整理の事実がデータベースに記載されます

 

いつから組めるかといいますと、返済完了後、その事実の記載がデータベースから消えた時ということになります。

 

ローンは、申込者本人の年収、勤務先、信用情報に基づいて審査を行った上でローンを組むことを許可するかどうかを決めます。

 

そのため、債務整理の事実が残っている間、もしくは債務整理の途中の場合は審査に通らないので、あらゆるローンを組みたいのであれば、返済完了後、年数が経過することを待って、信用情報を確認してから申し込んだほうが無難です。

 

それでも、債務整理に応じた債権者は、ローンの審査時に照会する際に使う信用情報機関とは別に債務整理を行った人の情報というのは保管しています。

 

債務整理を行った際に対象にした信販会社やお店であれば、債務整理後に支払いが完了して、信用情報機関のデータベースから債務整理の事実が事故情報として消えたとしても、ローンを申し込んだ時点でそれが判明してしまうと、まず審査に通らないので、過去に債務整理を行った信販会社がローン審査をすることが分かっているのであれば、そのお店でローンを組むのはやめておいたほうが無難です。

債務整理とローンの関係

債務整理前後はローンが組めなくなりますが、これは日本信用情報機構に不利益な事故情報として、最低でも5年は記録が残るからです。

 

ローンを組む時には、勤続年数や年収、現在と過去の債務状況を確認されますから、債務整理中にローンを組むのは難しくなるわけです。

 

また債務整理の後であっても、生活をしっかり再建できているということを示さなければなりません。

 

ただ、銀行系であるようなおまとめローンなどの方法で債務整理を行い、一定額を返済していることが認められていて、返済の見込みが十分あると判断された場合は、50万円以下の限度額であればローンを組むことができるケースもあります。

 

なお、消費者金融系の場合は比較的審査基準がゆるいところが多く、審査の段階で年収や勤続年数に問題がない、多額の借入がない、という時は借入れができる可能性もあります。

 

ただ、もし借入れできたとしても同じことを繰り返さないよう、気をつけなければいけません。

 

信用金庫などの金融機関に直接訪問することがあるならば、過去の状況についてなど正直に伝え、生活再建を十分果たしていると説明し、債務の返済状況・給料振り込みが分かるような資料を提示するなどして、ローンが組めないかどうか、組めるのであればどの程度可能か、ということを相談してみると良いです。

 

ローンを組む際は銀行・信販会社・貸金業者などが審査を行います。

 

その審査を行うにあたり、信用情報を参考にします。

 

信用情報は1つの重要な指標となっているので、審査に大きな影響が出ます。

 

信用情報については契約時の約款に書かれていますが、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、CIC(クレジットカード関連の信用情報)、JICC(日本信用情報機構)の3つあり、それぞれに業者が登録していて借入情報などについて報告、それらを収集してまとめています。

 

その情報の中でも、カードの強制解約や貸し倒れになった情報、債務整理を行った情報、返済期日の遅延(延滞)などについては異動情報と呼ばれるマイナス情報として報告されています。

債務整理後にローン組めるようにするためのコツ

債務整理にはいくつかの手法がありますが、どの方法をとっても信用情報に事故情報が登録されてしまいます。

 

事故情報が登録されていると、まずその期間中はローンを組むのは無理でしょう。

 

しかしこの事故情報ですが、通常5〜7年も経過すれば抹消されます。

 

ではすぐにローン組めるかというと、実はそう簡単な話ではないです。

 

信用情報を見たときに、ブラック情報がなくなっていれば、その痕跡はきれいさっぱりなくなります。

 

では信用情報に何が書かれているかというと、まっさらな状態です。

 

これを業界では「ホワイト情報」と呼ぶこともあります。

 

何せブラック情報が載っている期間中、カードもローンも一切利用できないので契約情報から返済の履歴情報など何も書かれていないのです。

 

このような信用情報がホワイト状態になっている、しかも30過ぎのいい大人が全く履歴のない状態だと金融機関は「元ブラックだったのでは?」と疑ってしまいます。

 

結果、疑わしきところには融資しないということになって、審査で落ちてしまうこともあるのです。

 

そこで債務整理後にローン組める状態にするためには、履歴を作っておくことが大事です。

 

そのままではローンが組めないかもしれないのにどうすればいいのか、そこでおすすめしたいのはスマホや携帯電話の分割払いです。

 

ケータイショップに行くとスマホなどが月々いくらで販売していることもあるでしょう。

 

これも一種のローンと同じで、主要携帯キャリアはこの分割払いの支払い状況を信用情報機関に登録しています。

 

分割払いにしてきちんと期日通りに支払っているという実績を積み重ねていきます。

 

クレジットカードやローンを組むのと比較すると、携帯端末の分割払いの審査のハードルは低いと言われています。

 

ですからローンを組む前に、いったんスマホなどを分割払いで購入して、皆さんの信用情報に好ましい履歴を残すように心がけましょう。

 

もちろん支払い忘れをすると延滞情報が載ってしまうので、気を付けることです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所