MENU

債務整理をした場合の連帯保証人の取り扱い

借金の返済がどうにもならなくなっているのであれば、債務整理を検討すべきです。

 

借金の圧縮などをして、より返済しやすい状況を作れます。

 

その他にも究極の借金問題の解決法として、自己破産という借金をチャラにする方法もあります。

 

自分の返済能力を超えているのであれば、速やかに債務整理の手続きを弁護士などに相談することです。

 

しかしもし皆さんの借金に対して、連帯保証人がついているのであれば話は別です。

 

連帯保証人とはもし債務者が借金返済できなくなった場合に、代わって返済する人をさします。

 

債務者が債務整理をしたとしても、そのことが連帯保証人には何も影響を与えません。

 

債務整理をして債務者が返済できなくなれば、連帯保証人に今度は返済を求めるわけです。

 

先ほど紹介した自己破産手続きをして、債務者が免責になったとしても同様です。

 

債権者は連帯保証人に対して、借金の返済を求めるわけです。

 

もし連帯保証人に誰かついてもらって借金をしたのであれば、債務整理をする前にきちんとその旨を話す義務が債務者にはあると思ってください。

 

そして連帯保証人の立場も守るためにはどのような方法で借金の整理をするのがベストなのか、弁護士に相談してみることです。

 

自己破産をする場合には、連帯保証人に対しても自己破産の手続きを求める格好になる可能性も十分ありえます。

 

しかしそれだけの借金に対する責任をかぶってくれている人なので、誠意ある対応が求められます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所