MENU

債務整理を行った時の注意すべきペナルティとは

借金がもはや自分の収入ではどうにもならないような状況になっているのであれば、債務整理を検討すべきです。

 

債務整理をすることで借金の大幅な減額、場合によっては借金の支払いを免責できる場合もあります。

 

借金返済ができないからその資金を得るために別の所から借金しようと思っている人は、まずは債務整理を検討した方が良いでしょう。

 

債務整理は借金に苦しんでいる人のための救済措置ですが、借金の棒引きを求める以上、自分も多少のリスクを背負う必要があります。

 

債務整理をすることによるペナルティとして有名なのは、信用情報に傷がつくことです。

 

債務整理にはいくつかの方法がありますが、どの方法をとっても信用情報に事故情報が登録されます。

 

信用情報はクレジットカード会社やローン会社は見られるようになっていて、審査を行うときにチェックします。

 

事故情報のある人にカード発行やローン融資をすることはまともな業者ではまずあり得ませんから、当面カード決済や融資を受けるのは不可能だと思ってください。

 

ただし事故情報は一回載ったら永久に消えないものではありません。

 

目安とされているのが、自己破産や個人再生の場合7〜10年、任意整理であれば5年というものです。

 

この間は現金による支払いで生活のやりくりをしていきましょう。

 

債務整理の中でも自己破産と個人再生による手続きをとる場合には、官報に皆さんの名前と住所が記載されます。

 

このため、不特定多数に皆さんの個人情報が見られる可能性もあります。

 

ただし官報は世間一般ではあまり目にする機会はないはずです。

 

ただヤミ金業者などは、カモを見つけるために官報に目を通していることがあります。

 

そこでヤミ金業者から融資の勧誘のダイレクトメールが届くこともあるかもしれません。

 

このような誘いには絶対に乗らないようにしてください。

 

自己破産をした場合、破産開始決定から免責決定を受けるまで一部職業の制限が入ります。

 

保険外交員や警備員などが該当しますから、注意しましょう。

債務整理をした後のペナルティとは?

複数の借金があり返済が困難な状況になった場合、債務整理は有効な手段です。

 

金利が少なくなったり借金そのものが減額されたり、場合によっては借金そのものが免責されます。

 

借金で首が回らない状態になっているのであれば、債務整理をおススメしますが、プラスのことばかりではありません。

 

簡単に債務整理ができ、借金が減少するのであれば誰でも簡単に債務整理を行うでしょう。

 

しかしそんなに簡単なものではありません。

 

債務整理をすることによってペナルティがあるのです。

 

借金がゼロになる場合それに見合ったペナルティを受けることになるのです。

 

債務整理は借金の残額がゼロになるという大きなメリットがありますから、デメリットも小さくはありません。

 

ペナルティは色々ありますが、個人信用情報に傷がつくことが大きいでしょう。いわゆるブラックリストに掲載されます。

 

国が発行している官報にも債務整理をしたことが載せられ実名や住所など個人情報が掲載されてしまいます。

 

しかしこの官報は一般人の目に留まるものではありません。

 

簡単に誰しも見ることができるものではないので、あまり心配することはないでしょう。

 

債務整理をすることで一部の職業に就くことを制限されてしまいます。弁護士や税理士などの職業に就くことができなくなるので、資格を一定期間はく奪されます。

 

ただし、数ヶ月から半年ほどの間だけなので、その期間を過ぎればまたその職業に就くことは可能なのです。

 

借金で困った状態なら債務整理をしたほうが良いでしょう。

 

ペナルティがあるからと躊躇していれば借金は膨らむ一方です。

 

借金の額によってはこうしたペナルティと引き換えにしても決しては損ではないはずです。

 

まずは専門家に相談をしてどのような債務整理を行ったほうが良いかアドバイスを受けるといいでしょう。

 

地域の各署などでは定期的に法律相談を実施しています。

 

これを利用すれば無料で借金の相談することができるでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所