債務整理また借りる

MENU

債務整理後、また借りるには?

債務整理をすると、一定期間シーアイシーシー株式会社等3つの信用情報機関のデータベースに、事故情報として債務整理をした事実が記載されます。

 

記載される期間は任意整理や特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産は10年間になります。

 

その間は何かあってまた借りるにも、信用情報機関にこの事実が載っているので、借りることができません。

 

例えば消費者金融会社で借りようと思った場合、中堅どころであれば実際に信用情報に事故情報が記載されていたとしても審査してくれる会社がありますので、借りることができる場合もあるかもしれませんが、特に大手であれば審査がとても厳しいので、なかなか通りません。

 

今は、総量規制がありますので、尚更審査も厳しくなっています。

 

しかし例外もあり、債務整理をしていても返済を滞りなく終えている場合、任意整理をしていても事故情報が消えていて、また借りることができる場合もあります。

 

ただ、基本的には信用情報機関に債務整理した事実が記載されている間は、借金することができないと考えておいたほうがよいでしょう。

 

債務整理をしなければならなくなったのは、借りてもすぐ返せると思って、次から次に借金を重ねた結果です。

 

どこかで止めていれば、債務整理をしなくても済んだ可能性だってあります。

 

基本的には信用情報機関の記載が消えて、債務整理後の借金を滞ることなく返済していれば、また借りることもできますが、できる限り借金することを考えないようにしないと、同じ過ちを犯すことになります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所