MENU

債務整理しても口座開設はできますか?

債務整理をした際に、住宅ローンマイカーローン、その他カードローンなどを使っていると、口座が凍結されて使えなくなるという話もあるようですが、そのようなことはほとんどありません。

 

銀行のカードローンを使っていて、それに対して自己破産などの債務整理をしてしまった場合には、一切その銀行と関わりが持てなくなるというイメージを持っている方もいますが、そのようなことはまずありません。

 

銀行のカードローンを債務整理したとしても、その後でその銀行の口座開設をすることはできます。

 

メガバンクは給与振込口座に指定されていますし、作れなくなると不便ですが、お金を預けてくれるというのであれば、口座開設に応じてくれますし、債務整理を理由に口座の開設に応じないといったことはありませんので、ご安心ください。

 

ただし、貸越などの枠は作れない、クレジットカード機能付きのキャッシュカードは作れないなどの制限はありますので注意してください。

 

銀行のカードローンには、ほぼ100%保証会社の保証がついており、債務者から返済が滞ったとしても保証会社から支払いがあるので、実際の経済的損害はないという形で貸し出しているため、実際に債務整理をしたからといって、二度とお付き合いしたくないというほどの悪感情は持たないためです。

 

ですので、銀行のカードローンなどを債務整理したからといって、債務整理を理由に今後何の取引もできないということはありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所