MENU

債務整理をしていても銀行ローンは利用できますか?

債務整理をすると、その事実が信用情報機関のデータベースに事故情報として記載されます。

 

特定調整や任意整理で5年、個人再生で7年、自己破産で10年間は記載が残ります。

 

そのため、銀行ローンを申し込んでも審査に通ることはまずありません。

 

銀行ローンの審査は金融機関が行い、普通のローンよりはるかに厳しいので、申し込みは止めておいた方が無難です。

 

審査は、申込者の年収や勤務先、信用情報を基に金融機関が行い、融資するかどうかを決定します。

 

たとえ基準を満たしていても、信用情報に債務整理をした事実が残っていたら、審査では確実に落とされます。

 

返済は3年で完了しても、情報は5年〜10年残るので、返済が終わって債務がなくなっても、信用情報には数年間は残ってしまいます。

 

債務整理をしていて、返済している途中であれば、その返済をきちんと行って、信用情報機関から債務整理の事実の記載が消える頃合いを見て、再度申し込みをする方が無難です。

 

信用情報は、申請すれば閲覧できます。

 

申し込み前には信用情報を確認しておくことをお勧めします。

 

銀行ローンであれば事業資金、銀行系のカードローンも立派な借金です。

 

後で返せばいいという安易な気持ちで借りてしまうと、借金は雪だるま式に膨らんでしまい、再度債務整理を行うことになるかもしれません。

 

ですから、ローンは最後の手段として考えるべきです。

 

今は総量規制があるので、そう簡単に審査は通りませんが、借り入れたできたお金は慎重に使いましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所