MENU

債務整理をしてもクレジットカードは作れるのでしょうか。

債務整理をすると、事故情報としてその事実が信用情報機関のデータベースに記載されることになります。

 

記載される期間は、任意整理と特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産で10年です。

 

その期間は債務整理をした事実が事故情報として残りますので、自己破産以外の債務整理を選択して、3年以内に返済が完了したとしても、数年間はその事実が消えることはありませんので、クレジットカードが作れなくなります。

 

債務整理後にきちんと支払いを行ってそれが完了した後、その信用情報機関の事故情報の記載が消える直前くらいにクレジットカードの申し込みをしたところ、審査に通ってクレジットカードが作れるということがまれにあります。

 

審査の甘いクレジットカード会社もありますので、そのあたりの例外はありますが、よほどのことがない限り、そういうことは起こることはありません。

 

自分の信用情報は申請すれば閲覧できますので、支払いが完了した後、債務整理を行ってから一定の年数が経過した後に、信用情報機関に出向いて、自分の信用情報を確認してから申し込みを行ったほうが無難です。

 

よく、やみくもに何度もクレジットカードの申し込みをして、審査に落ち続ける人がいますが、その申し込みの事実も信用情報機関のデータベースに記載されています。

 

何度も申し込みをしていると、お金に困っている人と見なされて、ますます審査に通りにくくなり、作れるものも作れなくなるので、債務整理後はむやみにクレジットカードの申し込みをしないほうがよいでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所