MENU

債務整理で借金解決へ! クレジットカードを残す方法は?

借金返済が困難になった場合、債務整理を選択する人もいるでしょう。

 

債務整理は借金整理をする対象の金融業者を選んで整理することができます。

 

債務整理後にクレジットカードがすべて使えなくなると不便なので、特定のカード会社を債務整理から外すこともできます。

 

債務整理の対象にならなかったクレジットカードの借り入れ分は今までと同じように毎月返済をすることになります。

 

債務整理の対象でないクレジットカードは手元に残すことができ債務整理後も使い続けることができるのでしょうか?

 

特定のカード会社債務整理から外すことは可能ですが、その後も継続してクレジットカードが使えるかどうかは疑問が残るところです。

 

債務整理をしたことは個人情報機関に登録されます。

 

すぐには分からなくてもいずれクレジット会社にも債務整理の事実がばれてしまうでしょう。

 

そうなれば、次回のクレジットカード更新の際にカードが使えなくなる可能性は大きいです。

 

債務整理をしたことがばれなければ使えますが、ばれた後は使えなくなると考えておいたほうが良いでしょう。

 

債務整理とは利息の一部や借金の一部を減額してもらう方法です。

 

金融業者からすれば債務整理をした人は優良な顧客とはいえません。

 

債務整理の事実がばれるのはカード会社がいつ信用情報機関の情報を開示請求するかで異なります。

 

頻繁に情報開示を求めないところであれば、債務整理後も当分はクレジットカードを使うことができるでしょう。

 

債務整理をすると5年から7年間はクレジットカードを新たに作ることもできません。

 

その際に代替えとして便利なのがデビットカードです。

 

デビットカードは銀行が発行するカードで審査なしで作ることができます。

 

銀行口座からリアルタイムに引き落としがあるので、口座にお金がないと利用することはできません。

 

また、分割払いにも対応していないので、注意が必要です。

 

不便さはありますが、ネットショッピングにも使えますし、何よりもクレジットカードを持っているというプライドは保てます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所