債務整理クレジットカード更新

MENU

債務整理してもクレジットカード更新は可能?

クレジットカードはキャッシュレスでも買い物できますし、買い物すると一定のキャッシュバックポイントが付きます。

 

さらに海外旅行傷害保険などの付帯サービスもついていますから、すでにクレジットカードを持っている人は、なるべくカードは手放したくないと思うかもしれません。

 

しかしもし借金返済ができなくなって、債務整理をするのであれば、現在持っているクレジットカードを整理した方が良いでしょう。

 

なぜかというと、カード会社では定期的に利用者の審査を行っているのです。

 

カード会社は入会時の審査だけでなく、引き続きこちらの信用に見合うだけの条件を維持しているかどうかチェックをしています。

 

この審査ですが、入会時とほとんど同じ方法で行います。

 

もちろん信用情報機関に照会して、信用情報に問題がないかチェックもします。

 

もし債務整理をした場合、信用情報には事故情報が登録されます。

 

これは一般的に、ブラックリストに載ったと言われる状態です。

 

ブラックリストに載ると、カード会社は信用が不十分として審査否決します。

 

カード会社が審査を行った時に、事故情報が出ていれば、引き続きカードが利用できないように処理するわけです。

 

債務整理は法的な専門知識を必要としますし、海千山千の債権者を相手にして交渉しますから、弁護士や司法書士などの専門家に相談することになるでしょう。

 

この時おそらく「持っているカードはすべて一緒に整理してください」と言われるはずです。

 

ちなみに審査は毎日行っているわけではないので、債務整理をしてもしばらくは利用できるかもしれません。

 

しかしいずれは利用停止状態になるでしょう。

 

少なくても、クレジットカードの更新時には審査が実施され、そこで事故情報のことがカード会社にもわかってしまいますから、これ以上のショッピングやキャッシング利用はできなくなってしまいます。

 

ちなみに事故情報は7年前後でなくなりますから、それからカードを持つことは十分可能です。

 

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所