MENU

債務整理を行うと、賃貸の審査はどうなりますか?

賃貸住宅の審査において、債務整理を行っている(過去にしたことがある)からといって、審査が通らないということはありませんので、債務整理を理由に賃貸住宅の契約ができないということはありません。

 

ただし、これには例外があって、月々の家賃の支払いにクレジットカード決済が必須になっている場合は、契約することができません。

 

債務整理をすると、通常任意整理や特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産で10年は信用情報機関のデータベースに、債務整理した事実が事故情報として掲載されるためです。

 

クレジットカード決済が必須の場合は、アパートを借りる際にカード会社の審査があり、その審査で落ちてしまうためカードが作れません。

 

その結果として、賃貸住宅の契約ができないということになります。

 

仲介業者は数多くありますが、最近ではそういう物件も増えているので、物件を選ぶ際には注意が必要です。

 

これはあくまでもクレジットカード決済が必須の場合であって、家賃保証会社を通したケースでは、信用情報機関の情報を閲覧できないはずなので、この信用情報の問題は関係ありません。

 

しかし、何らかの理由で債務整理をした事実がわかると保証会社の承認がおりないという場合もあります。

 

ですので、安心して契約をしたいということであれば、保証会社の審査がないところを選ぶことが一番です。

 

不動産業者は人を見て貸しますので、債務整理をしたからといって卑屈になることなく、堂々としていれば借りられる可能性も上がります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所