MENU

債務整理後の遅延損害金の取り扱いについて

債務整理の中でも債権者側と直接交渉して、今後の返済計画を決めるのが任意整理です。

 

任意整理で債務者側と債権者側が双方同意できれば、その計画に基づき返済が行われます。

 

ところでもしこの返済をする時に滞納してしまった場合、従来の借金返済と同様で遅延損害金が発生するのでしょうか?

 

結論から言いますと、基本的に遅延損害金は発生しないものと思っておいてください。

 

弁護士会では、統一基準を設けています。

 

その中で、債務整理における和解案の提示に関して、それまでの遅延損害金と将来の利息は付けないという規定があります。

 

少なくても大手の貸金業者であれば、和解するときにこの規定に則った形で合意してくれるはずです。

 

債権者側にとって困るのは、貸したお金を債務者が返済できなくなってしまうことです。

 

債権の回収ができないと、場合によっては損失を計上しかねません。

 

下手に利益を追求して利息だ遅延損害金だと要求して、返済不能になった時のダメージが大きいわけです。

 

着実に債権回収するためには、遅延損害金に応じてくる可能性は高いです。

 

もし相手が過去に違法な金利で利息の支払いをさせていたのであれば、その部分は元金から差し引かれます。

 

このため、任意整理だけでもかなり借金の額を圧縮できるケースもあります。

 

利息や遅延損害金などの余計なコストを負担する必要もなくなるので、今まで以上に返済が楽になります。

 

借金返済で困っているのであれば、一度弁護士に相談してみるのはいかがですか?

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所