MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

債務整理をした後はどうなる?記事一覧

債務整理をすると、一定期間シーアイシーシー株式会社等3つの信用情報機関のデータベースに、事故情報として債務整理をした事実が記載されます。記載される期間は任意整理や特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産は10年間になります。その間は何かあってまた借りるにも、信用情報機関にこの事実が載っているので、借りることができません。例えば消費者金融会社で借りようと思った場合、中堅どころであれば実際に信用情報に...

債務整理後は、しばらくの間ローンを組むことができません。どうしてかといいますと、債務整理をすると、一定期間その情報が信用情報機関のデータベースに記載されるためです。ちなみに、任意整理や特定調停を行うと5年、個人再生を行うと7年、自己破産した場合は10年間、信用情報機関に事故情報として債務整理の事実がデータベースに記載されます。いつから組めるかといいますと、返済完了後、その事実の記載がデータベースか...

債務整理をすると、事故情報としてその事実が信用情報機関のデータベースに記載されることになります。記載される期間は、任意整理と特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産で10年です。その期間は債務整理をした事実が事故情報として残りますので、自己破産以外の債務整理を選択して、3年以内に返済が完了したとしても、数年間はその事実が消えることはありませんので、クレジットカードが作れなくなります。債務整理後にき...

債務整理をした後は、住宅ローンを申し込んでも審査に通ることはまずありません。債務整理をすると、事故情報として、その事実が信用情報機関のデータベースに入ります。特定調整や任意整理を行うと5年、個人再生を行うと7年、自己破産を行うと10年間は記載が残ります。住宅ローンの審査は金融機関が行いますし、審査は普通のローンよりはるかに厳しくなりますので、申し込みは止めておいた方が無難です。住宅ローンの審査時に...

債務整理をすると、その事実が信用情報機関のデータベースに事故情報として入ります。特定調整や任意整理を行うと5年、個人再生を行うと7年、自己破産を行うと10年間は記載が残ります。そのため、マイカーローンを申し込んでも審査に通ることはまずありません。マイカーローンも住宅ローンと同じく、審査は金融機関が行い、普通のローンよりはるかに厳しいので、申し込みは止めておいた方が無難です。申込者の年収や勤務先、信...

債務整理をすると、その事実が信用情報機関のデータベースに事故情報として記載されます。特定調整や任意整理で5年、個人再生で7年、自己破産で10年間は記載が残ります。そのため、銀行ローンを申し込んでも審査に通ることはまずありません。銀行ローンの審査は金融機関が行い、普通のローンよりはるかに厳しいので、申し込みは止めておいた方が無難です。審査は、申込者の年収や勤務先、信用情報を基に金融機関が行い、融資す...

賃貸住宅の審査において、債務整理を行っている(過去にしたことがある)からといって、審査が通らないということはありませんので、債務整理を理由に賃貸住宅の契約ができないということはありません。ただし、これには例外があって、月々の家賃の支払いにクレジットカード決済が必須になっている場合は、契約することができません。債務整理をすると、通常任意整理や特定調停で5年、個人再生で7年、自己破産で10年は信用情報...

債務整理をした際に、住宅ローンやマイカーローン、その他カードローンなどを使っていると、口座が凍結されて使えなくなるという話もあるようですが、そのようなことはほとんどありません。銀行のカードローンを使っていて、それに対して自己破産などの債務整理をしてしまった場合には、一切その銀行と関わりが持てなくなるというイメージを持っている方もいますが、そのようなことはまずありません。銀行のカードローンを債務整理...

債務整理を行った際には、当然ながら信用情報にも影響を与えます。債務整理をすると、それは事故情報になります。日本には信用情報機関が3社(全国銀行個人信用情報センター、JICC、CIC)あり、そのすべてに事故情報として債務整理した事実が残ります。任意整理や特定調停ですと5年、個人再生で7年、自己破産で10年は債務整理をしたという事実が事故情報として信用情報機関や官報に記載が残りますので、その間には様々...

借金の返済がどうにもならなくなっているのであれば、債務整理を検討すべきです。借金の圧縮などをして、より返済しやすい状況を作れます。その他にも究極の借金問題の解決法として、自己破産という借金をチャラにする方法もあります。自分の返済能力を超えているのであれば、速やかに債務整理の手続きを弁護士などに相談することです。しかしもし皆さんの借金に対して、連帯保証人がついているのであれば話は別です。連帯保証人と...

債務整理の中でも債権者側と直接交渉して、今後の返済計画を決めるのが任意整理です。任意整理で債務者側と債権者側が双方同意できれば、その計画に基づき返済が行われます。ところでもしこの返済をする時に滞納してしまった場合、従来の借金返済と同様で遅延損害金が発生するのでしょうか?結論から言いますと、基本的に遅延損害金は発生しないものと思っておいてください。弁護士会では、統一基準を設けています。その中で、債務...

借金返済が困難になった場合、債務整理を選択する人もいるでしょう。債務整理は借金整理をする対象の金融業者を選んで整理することができます。債務整理後にクレジットカードがすべて使えなくなると不便なので、特定のカード会社を債務整理から外すこともできます。債務整理の対象にならなかったクレジットカードの借り入れ分は今までと同じように毎月返済をすることになります。債務整理の対象でないクレジットカードは手元に残す...

クレジットカードはキャッシュレスでも買い物できますし、買い物すると一定のキャッシュバックポイントが付きます。さらに海外旅行傷害保険などの付帯サービスもついていますから、すでにクレジットカードを持っている人は、なるべくカードは手放したくないと思うかもしれません。しかしもし借金返済ができなくなって、債務整理をするのであれば、現在持っているクレジットカードを整理した方が良いでしょう。なぜかというと、カー...

現在街中を見てみると、ケータイユーザーよりもスマホユーザーの方が多いのではと思うくらい、スマホをいじっている人をしばしば見かけます。皆さんの中にはスマホを使っている人もいるかもしれませんが、スマホを購入する時に分割で支払う人もいることでしょう。スマホはかなり高額ですから、まだ経済基盤のしっかりしていない若者の中には一括で購入できない人も多いようです。そこで月々の電話の利用料金に上乗せする形で、分割...

自分の抱えている借金を減額して、無理のない返済計画を作り直すのが債務整理です。場合によっては自己破産と言って、借金をすべてなかったことにする方法をとることもあるでしょう。かなり債務者にとってはありがたいルールですが、借金で悩んでいる人の中には、このルールを利用することに二の足を踏んでいる人も多いようです。その理由として「これだけのことをやってもらえるのだから、生活に支障をきたすこともきっとあるだろ...

借金がもはや自分の収入ではどうにもならないような状況になっているのであれば、債務整理を検討すべきです。債務整理をすることで借金の大幅な減額、場合によっては借金の支払いを免責できる場合もあります。借金返済ができないからその資金を得るために別の所から借金しようと思っている人は、まずは債務整理を検討した方が良いでしょう。債務整理は借金に苦しんでいる人のための救済措置ですが、借金の棒引きを求める以上、自分...

人生の中で最も高い買い物となるのは、マイホーム購入でしょう。マイホームを購入するために、頭金となる貯金をコツコツ行っている人もいるはずです。最近では一戸建てではなく、マンションをマイホームとして購入する人も増えています。核家族であればそれほど広い住宅は必要なく、マンションでもOKというケースも多いようです。同じ価格であれば一戸建てよりもマンションの方がより都心に近い所で購入できるとあって、通勤・通...

家族のいる人は特に、自分に何かあっても家族が困らないように生命保険に加入している方も多いでしょう。ところで借金をしていてその返済が難しくなっている場合、債務整理による問題解決も選択肢の一つとしてあります。しかし債務整理を実際行うにあたって、現在加入している生命保険を解約しないといけないのではないか、このように考えて躊躇している人もいるでしょう。債務整理をする人はお金にかなり困っていることが予想でき...

債務整理をすると自分の財産があればそれを借金返済に充てなければなりません。もし積み立て型の保険に加入しているのであれば、それを解約して解約返戻金を返済に充てるべきです。債務整理の基本的な考え方として財産が残っている場合は、その財産を債務に充当するのが筋です。しかし任意整理の場合は異なります。任意整理のときには借金すべてを整理することもできますが、いくつかの借金を選んで整理することもできます。また、...