MENU

債務整理時に作られる和解書の確認事項

任意整理は債務整理の中でも、第三者を通さずに債権者側と債務者側が直接交渉をして、今後の返済計画を考えていきます。

 

任意整理の交渉の結果、双方が納得できる案がまとまった場合に、和解書を作成します。

 

和解書を作成するときには、まず支払い方法に関して明記してください。

 

何回払いにするのか、返済期間はどのくらいなのか、毎月何日が支払日なのかを明記する必要があります。

 

また和解書の中には通常、期限の利益喪失の合意という条項が記載されます。

 

あまり聞いたことのない言葉かもしれませんが、もし債務者側が和解書に書かれている約束を履行しなかった場合、期限の利益はなかったことにされるという意味です。

 

任意整理の場合、期限の利益は分割払いと考えられます。

 

つまり分割払いがなくなる、すなわちその時点で残っている債務を一括で支払わないといけないという意味です。

 

任意整理をすると、利息に関しては一切請求しないという和解書が作られるケースもあります。

 

元金だけの返済になれば、かなり負担は軽減されます。

 

しかし和解書を作成する以上、きちんとその部分も記載をしておくべきです。

 

それが清算条項と呼ばれる条項です。

 

和解書に記載されている債権債務以外には、何もその他の債権債務はないということを明記しているわけです。

 

このように細部にわたって、穴のない和解書を作成すべきです。

 

債務整理を何度も経験している弁護士であれば、きちんとした和解書を作成してくれるので安心です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所