MENU

債務整理を決めるタイミングは早めに

借金の返済が厳しくなっているのであれば、早めに弁護士などに相談した方が良いでしょう。

 

債務整理をすれば返済のやりくりに苦しむことなく、身の丈に合った生活が遅れるかもしれないからです。

 

債務整理をするタイミングですが、借金の返済が厳しくなった段階で早めに相談することをおすすめします。

 

債務整理は4つの方法に分類できます。

 

早めに相談をすれば、より多くの選択肢の中からその人にあった方法で債務の整理が可能です。

 

債務整理の相談をするタイミングですが、借金返済と自分の収入の関係を目安にすることが良いとされています。

 

自分の手取り月収のうち、3割以上がカードローンなどの返済に充てられているような状況であれば、早晩借金返済が不能な状況に陥る可能性が大です。

 

手取りで20万円月収を得ている人であれば、月々の返済額が6万円以上になったら債務整理を検討すべきと言えます。

 

その他には自分の生活環境が変わった場合にも債務整理も検討した方が良いでしょう。

 

転職をして収入が減った、失業して収入が途絶えてしまったら、今後の借金返済はますます厳しいものとなるでしょう。

 

そこで債務整理をして、できるだけ借金返済に生活費を取られないようにしましょう。

 

債務整理には4つの方法があると紹介しました。

 

その中でも任意整理や個人再生、特定調停は債務を縮小して返済可能な状態にして計画を立て直します。

 

この方法が使えるかどうかは、今後3〜5年で借金返済が可能かどうかにかかっています。

 

もし3〜5年で返済のめどの立つ債務であれば、任意整理個人再生、特定調停による債務整理を目指す方法が一般的です。

 

しかしそれでも借金返済のめどが立たない状況になれば、最後の手段である自己破産も検討しないといけません。

 

自己破産では、身の回りのものを除きすべて処分して借金の返済に充てます。

 

それでも残った債務に関しては、免責になるというものです。

 

どの方法が皆さんにとって適当なのかは、弁護士などの専門家に判断してもらうと安心です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所