MENU

債務整理の手続き期間はどうなりますか?

債務整理を行う場合、申請を行うところから実際に借金の減額や免除が認定されるまでが債務整理期間となりますので、それ相応の時間がかかります。

 

どうしてかといいますと、借金の減額や免除を決定するためには、それ相応の手続きと期間が必要だからです。

 

書類を提出や受理されるまでの時間や面接日もしくは認定日まで待つ時間など、時間のかかる場面が出てきます。

 

何より債務整理(任意整理や特定調停の場合)は、債権者との交渉が絡んできます。

 

その場合、ある程度の交渉期間は設けていますが、相手が納得しないのでなかなか先に進めないという場面もあるかもしれません。

 

そのため、手続き期間はそれぞれ異なります。

 

債務整理の手続き期間は、種類によって異なります。

 

一般的には、任意整理や特定調停であれば、交渉期間を含めて3〜4ヶ月が目安です。

 

個人再生であれば決定までに9〜11ヶ月、自己破産であれば決定までに6〜7ヶ月を要します。

 

これらは、裁判所が期限を区切っていることもあるので、これ以上の引き延ばしはほとんど行われません。

 

逆に短くなるケースもないので、ほとんどはこの範囲内で行われます。

 

債務整理の場合には、特定調停や任意整理のように利息の減額を目的とするもの、個人再生のように借金全額の減額を目的とするものと、自己破産のように免除を目的とするものがあります。

 

規模的には自己破産が最も大きいように見えますが、実際には手続きの面で考えると、個人再生が一番時間がかかります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所