債務整理提出書類

MENU

債務整理手続きと提出書類

債務整理の中でも身の回り以外の財産をすべて処分して、それでも残った借金はチャラになるという究極の方法として自己破産があります。

 

自己破産の手続きをするためには、裁判所で申し立てを行わないといけません。

 

この時、必要な提出書類がいくつかありますので準備しておいてください。

 

自己破産をする時には、申し立てる皆さんの情報について書かれている書類が必要です。

 

破産手続開始・免責許可申立書と呼ばれる書類です。

 

この申立書を提出するときに、皆さんの住民票を提出しないといけません。

 

また自己破産の申し立てをする時弁護士に依頼しているのであれば、弁護士が皆さんの代理人となって手続きを進めてくれるケースが多いです。

 

この時、弁護士への委任状も作成しておく必要があります。

 

委任状は弁護士が準備してくれるはずですので、自分で準備する必要はありません。

 

自己破産をする時に大事なのは、陳述書です。

 

自己破産を申し立てる人の経歴やなぜ自己破産するに至ったのかの経緯、今後どう生活をするかについて記述します。

 

裁判官が返済の免責を許可するかどうか判断するうえで重要な書類になります。

 

その他の債務整理の手続きをする時に、弁護士が方針を決めるにあたって提出を求められる書類がいくつかあります。

 

債務状況がわかるような取引履歴や現在の皆さんの財産がわかるようにするために預金通帳などの提示を求めてきます。

 

相談をした段階で弁護士の方から必要な書類の指示がありますので、あらかじめ準備しておいてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所