MENU

二回目の債務整理を行う前に

債務整理を行って借金整理ができても、また何らかの理由で失敗してしまって再び借金を作って返済できなくなる人もいます。

 

この場合、二回目の債務整理は果たして可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、一部二回目の債務整理をするのは可能です。

 

しかし全部の債務整理の手続きができるわけではありません。

 

まず債権者と債務者が直接交渉することで、返済可能な返済計画を作り直す任意整理は何度でも手続きはできます。

 

何度も手続きをすると悪評がたつので、債権者側がなかなか応じてくれないリスクはありますが、法律上は問題ありません。

 

もちろん過払い金が発生しているのであれば、何度でも返還請求はできます。

 

債務整理の中に、個人再生や自己破産という方法があります。

 

これらの方法で前回債務整理をして、二回目の手続きをしないといけなくなった場合には注意が必要です。

 

特に自己破産にはルールがあって、前回の自己破産から少なくても7年以上経過していないと二回目の手続きはできないとされています。

 

個人再生もここまでの長期間ではないものの、やはり間隔を開けないと手続きができません。

 

一度借金で失敗したのであれば、次に借入をする場合にはかなり注意する必要があります。

 

それでも債務整理せざるを得ないというのであれば、まずは何度でも手続きできる任意整理をして、次は自己破産もしくは個人再生の手続きをするという形で対処すべきです。

 

手続き自体はできても、厳しい判断になる可能性も高まるのでやはり借金の管理をきちんと行うべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所