MENU

債務整理の流れはどうなりますか?

債務整理を依頼した際の流れというのは、おおまかに言って受任通知の発送から始まり、引き直し計算、債務整理方針の決定を行い、債務整理を実行します。

 

債務整理というのは、一般的には司法書士か弁護士に依頼を行います。

 

債務整理を受任すると、まず各貸金業者やクレジット会社に受任通知(司法書士・弁護士介入通知)を送ります。

 

これを送ることで、支払いの督促は本人ではなく、司法書士・弁護士がその窓口になります。

 

受任通知を送るとともに、債権の情報開示も一緒に請求します。

 

債権の情報開示をすると、いくら借りていくら返したなどの情報も出てくるため、その情報をもとにして、司法書士・弁護士が再計算を行います。

 

利息は法定利息に直して計算するため、借金の総額はいくらか減ります。

 

債務整理を行う際は、この再計算後の借金総額となり、再計算が終了すれば返済可能なのか分かりますので、債務整理の方針を決めていきます。

 

債務整理で確定した借金総額について返済を行う際の基準となる分割回数は、36回になります。

 

したがって36回までに返済できるのであれば任意整理もしくは個人再生を、返済できそうになければ自己破産を選択することになります。

 

任意整理を選択した場合は、司法書士・弁護士が債務減額の交渉を行って、今後の返済計画などの和解書を作成し、債務者がそれにしたがって返済を行います。

 

自己破産や個人再生を選ぶと、それぞれにおいて必要な書類を準備して、裁判所の審判を仰ぎます。

 

自己破産であれば、決定が出ると原則として債務は免除となります。

 

個人再生を選んだ場合は、返済計画にそって返済を行うことになります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所